プレスリリース

インコム・ジャパン、LINE Payと業務提携

2017/9/29 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月29日

インコム・ジャパン、LINE Payと業務提携

加盟店開拓・管理業務を行うアクワイヤリング事業を開始

インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下インコム・ジャパン)は、2017年10月1日(日)より、LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)と業務提携し、「LINE Pay」のアクワイヤリング事業(加盟店開拓・管理業務)を開始いたします。

インコム・ジャパンは、1月に開始した「WeChat Pay」のアクワイヤリング事業に続き、国内の有力モバイル決済サービスである「LINE Pay」と業務提携し、POSA技術を応用することで、加盟店の全POSレジでの「LINE Pay」決済を実現します。

これにより、中国人観光客のみが利用する「WeChat Pay」の決済拠点の拡大だけでなく、国内3,000万人以上の「LINE Pay」ユーザーの利用先の拡大を実現いたします。

インコム・ジャパンは、既に国内約60,000店舗のPOSレジとシステム接続しており、このシステム資源を活用することで、国内におけるモバイルバーコード決済を促進し、キャッシュレス社会を実現する一助となりたいと考えています。

*参考画像は添付の関連資料を参照

<インコム・ジャパンによるモバイルペイメントサービスの特徴>

●加盟店の全店舗・全POSレジでの決済を実現しています

●複数の決済サービスをほぼ同様のシステム仕様で導入できます

●POSAカードの仕様をベースとしており、POS改修が軽微です

●複数の決済サービスの取引状態を、ブラウザベースで一元的に確認可能です

●専用のコールセンター・監視センターで加盟店のバックアップも万全です

<拡大を続ける「LINE Pay」の魅力>

「LINE Pay」は、コミュニケーションアプリ「LINE」内から利用可能な国内3,000万人以上の登録ユーザーをもつ"スマホのおサイフサービス"です。事前にチャージした残高を、LINEの友だち同士での送金や提携サービス・店舗での決済に利用可能。

【LINE Pay 株式会社 概要(2017年4月1日現在)

社名:LINE Pay株式会社

本社所在地:東京都新宿区新宿四丁目 1-6 JR 新宿ミライナタワー23階

代表者:代表取締役社長 舛田 淳(LINE 株式会社 取締役 CSMO)

資本金:1億5000万円

設立:2014年5月9日

 主な事業内容:電子マネーその他の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売並びに管理、電子決済システムの提供及び資金移動業

【インコム・ジャパン株式会社について】

米国アトランタに本社を置く世界最大手のPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、国内の総取扱店舗数は約60,000店舗あり、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、総合スーパー/食品スーパー、ディスカウントストア等、いずれも国内屈指の大手小売企業で事業展開しています。

※「POSA」・「POS Activation」はインコム・ジャパンの登録商標です。

◇インコム・ジャパン株式会社 会社概要

設立:2008年1月

代表取締役:荒井 琢麿

所在地:東京都新宿区西新宿 1-25-1 新宿センタービル 41F

ホームページ:http://www.incomm.com

受賞歴:2014年グッドデザイン賞

http://www.g-mark.org/award/describe/41815

※本プレスリリースに記載されている社名・サービス名等は、各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458870_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]