2019年3月21日(木)

プレスリリース

NEDOと慶大、身体感覚を伝送する双腕型ロボットの開発に成功

2017/9/28 17:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月28日

身体感覚を伝送する双腕型ロボットの開発に成功

―世界初の高精度力触覚技術を搭載―

NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送可能な双腕型ロボット「General Purpose Arm」の開発に成功しました。

本ロボットは、視覚、聴覚、移動感覚を伝送でき、さらに、触覚の伝送としてロボットがモノに触れた感覚をあたかも直接触ったかのように感じさせる世界初の高精度力触覚技術を搭載しています。これにより、操作者は遠く離れた場所からであっても高い臨場感を持ってロボットを操作することが可能です。

本ロボットにより、自身の存在や行動が時空間的な拘束から開放されることとなり、人間の代替として産業、家庭、福祉介護、医療、農業など、人手や手間暇のかかる分野の自動化、省力化、そして人間と協調した作業での活用が期待されます。

*図1は添付の関連資料を参照

1.概要

NEDOは、2015年に策定された政府の「ロボット新戦略」を受け、2015年度から「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」を推進しています。このプロジェクトは、現在の人工知能・ロボット関連技術の延長上に留まらない、人間の能力を超えることを狙った革新的な要素技術をターゲットとし、これまで人工知能・ロボットの導入を考えもつかなかった未開拓の分野で、新しい需要を創出することを狙っています。

今般、NEDOと慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科の野崎貴裕助教をはじめとする研究メンバー(※1)は、身体感覚を伝送可能な双腕型ロボット「General Purpose Arm」の開発に成功しました。本ロボットは、視覚、聴覚、触覚、移動感覚が伝送されることから、操作者は遠く離れた場所からであっても高い臨場感を持ってロボットを操作することが可能です。特に、触覚の伝送については、ロボットがモノに触れた感覚をあたかも直接触ったかのように感じさせる世界初の技術を搭載しています。

本ロボットにより、自身の存在や行動が時空間的な拘束から開放されるとともに、人間同様に柔軟かつ力強い、環境適応性の高い動作を生成することが可能となり、人間の代替として産業、家庭、福祉介護、医療、農業など、人手や手間暇のかかる分野の自動化、省力化、そして人間と協調した作業での活用が期待されます。

なお、今回開発したロボットは、10月3日から6日にかけて幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017(※2)」に出展します。

2.今回の成果

少子高齢化を背景に、ロボットによる作業支援が期待されています。人間は力触覚によって力加減を調節し多様な作業を柔軟にこなすことが可能です。しかし、従来のロボットは対象物に触れた感触を利用できず、形の異なるものや軟弱なものを破壊してしまうことがありました。

本研究開発では、世界初の高精度力触覚技術(ロボットがモノに触れた感覚を人間に伝送し、あたかも直接触ったかのように感じさせる技術)を活用することで、人間同様に器用で巧みな動作を実現可能な双腕型ロボットを開発することに成功しました。視覚、聴覚、触覚、移動感覚の伝送には以下の技術を用いています。

・世界初の高精度力触覚技術(リアルハプティクス技術(※3))を搭載し、ロボットが物体に触れた感覚を操作者に伝送。

・ヘッドマウントディスプレイとステレオカメラからなるビジョンシステムによって視覚、聴覚情報を伝送。

・筋収縮測定システムによって操作者の脚部の状態をロボットに伝送し、移動を制御。

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458682_02.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0458682_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報