プレスリリース

企業名|産業
日立金属素材・エネルギー

日立金属、安泰等に対する米国国際貿易委員会(ITC)提訴を発表

2017/9/20 13:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月20日

安泰等に対する米国国際貿易委員会(ITC)提訴について

今般、日立金属株式会社(以下、当社)及び当社子会社Metglas, Inc.(米国サウスカロライナ州、以下「MET」)(以下、両社を総称して「MET等」)は、安泰科技股■有限公司等、中国のアモルファス金属(*1)メーカー5社(*2)(以下「安泰等」)と当社元社員が、アモルファス金属の製造技術に関連し、MET等の営業秘密を不正に取得し、これを使用している等として、以下を目的に米国国際貿易委員会(以下「ITC」)に米国関税法337条に基づく調査開始の申立てをいたしました。

(1)MET等の営業秘密の侵害認定の取得

(2)GEO(General Exclusion Order(*3)一般排除命令)の取得

(3)停止命令(*4)、及び違反時の罰金

当社のグローバル競争力の源泉である技術先進性を確保していくため、当社は、今後とも、不正競争行為には断固たる対応をして参ります。

*1.アモルファス金属について

 結晶構造組織を持たないことから、非晶質金属とも呼ばれています。従来の結晶質金属材料と対比して、アモルファス金属材料は優れた磁気特性や機械的特性を示すことから、電力配電用変圧器、電子・電気回路用磁気コア、金属接合用材料等の幅広い技術分野に採用されています。

*2.今回、被申立人とした中国のアモルファス金属メーカー5 社

Advanced Technology & Materials Co., Ltd.(安泰科技股■有限公司)、AT&M International Trading Co., Ltd.、CISRI International Trading Co., Ltd.、Beijing ZLJG Amorphous Technology Co., Ltd.、Qingdao Yunlu Energy Technology Co., Ltd.

*3.GEO

 被申立人の製品に限定せず、訴因に該当する製品(今回は、アモルファスリボン/コア及び、これら使用製品)を米国へ持ち込むことを禁止するもの。

*4.停止命令

 被申立人に対する不公正方法・行為の停止を命じるもの(既に米国内に輸入された製品の在庫処分の禁止等)

以上

※■印の文字は、人偏に「分」の文字です

【お客様からのお問い合わせ】

特殊鋼カンパニー 軟磁性部材統括部

TEL03-6774-3401

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]