プレスリリース

企業名|産業
アスクル流通・外食

アスクル、キューブ型ボックス入りのスティック飲料シリーズ「カフェキューブ」を発売

2017/9/19 14:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月19日

アスクル限定商品「カフェキューブ」、新登場。

オフィスのカフェコーナーを統一して快適に!~出来上がり量の目盛り付き紙コップで、ベストな美味しさを実現~

アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩田彰一郎、https://www.askul.co.jp/、以下「アスクル」)は9月19日より、ワークスペースに最適なキューブ型ボックス入りのスティック飲料シリーズ「カフェキューブ」を、法人向けサービス「ASKUL」「ソロエルアリーナ」(※)及び、一般消費者向けサービス「LOHACO」(ロハコ)において販売開始します。「カフェキューブ」は、大手飲料メーカーの味の素AGF・伊藤園とともにアスクル限定仕様として開発しました。オリジナルブラックコーヒー、カフェオレ、ビターオレは味の素AGF製、緑茶、ほうじ茶、抹茶ラテは伊藤園製で、合計6種類登場します。

※ソロエルアリーナとは、アスクルがインターネットを使って企業の各部署個別の購買プロセスを「見える化」し、発注担当者、管理担当者の購買業務にかかる時間と手間を削減し、会社全体の継続的なコスト削減をサポートする中堅・大企業向け購買サービスです。

本商品はオフィスのカフェコーナーにおける簡便性や省スペース化を追求し、賛同を得た大手飲料メーカーの味の素AGF・伊藤園と共同開発したもので、このたび満を持して発売に至りました。ブランドの枠を超えてパッケージを同じサイズのキューブ型に統一し、置くだけでオフィスにカフェコーナーが作ることができる全6種のスティック飲料シリーズです。

さらに同シリーズには便利な目盛り付きの紙コップもセットでご用意し、出来上がり量を150mlに統一することで、誰でも簡単にベストなおいしさが実現できるよう設計しました。

*商品画像は添付の関連資料を参照

近年、働き方の多様化に伴い職場環境も変化する中で、リフレッシュやコミュニケーションできる場づくりを求めて、オフィス内のカフェコーナーの必要性が見直されてきています。お客様からは従来のカフェコーナーに対して"設置にスペースを要する""雑然と散らかる""種類が多いと探しづらい""飲み方がそれぞれ違い面倒"といった声がありました。

このような背景から、アスクルではカフェコーナーの恒常的課題を解決するべくお客様の声をヒントに検討し、「規格・デザイン・液量」を統一したスティック飲料の商品化を実現しました。

スペースも景観も味わいも、いつもの飲料を「カフェキューブ」に変えるだけで瞬く間に解決し、いつでも美味しい飲み物を作ることができるカフェコーナーへと生まれ変わります。

■オフィスになじみ、置き場所に困らない統一感のあるデザインボックス

従来のカフェコーナーは、飲料パッケージの形や大きさ、色彩が商品ごとに異なるためスペースを要するうえ、整頓されずに景観を損ねることが多くみられました。「カフェキューブ」は、そんな悩みを一気に解決する"統一型立体カートン"を採用。常に整理整頓が可能なカフェコーナーを実現しました。海外デザイナーによるカフェのメニューボードをテーマにデザインされたパッケージなので、素敵なカフェ気分で飲み物選びも楽しくなりそうです。

さらにボックスは、女性でも片手で持ちやすく重ね置きも可能。積み重ねる時のためにツメもあるので、ズレや転倒を防ぎます。また別室での利用時も持ち運びやすいので、利便性にも優れています。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457513_01.jpg

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457513_02.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457513_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]