2017年11月19日(日)

プレスリリース

企業名|産業
富士通電機

富士通、全銀協のブロックチェーン技術を活用した金融サービスの実証実験に参画

2017/9/14 18:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月14日

全国銀行協会様、ブロックチェーン技術を活用した金融サービスの実証実験環境に当社クラウドサービスを採用

 

 当社はこのたび、一般社団法人全国銀行協会(所在地:東京都千代田区、会長:平野信行、以下 全国銀行協会)様が会員各行などに向けて提供を予定している、ブロックチェーン技術を活用した金融サービスの実証実験環境「ブロックチェーン連携プラットフォーム」として、当社のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、「K5」)上にブロックチェーン基盤を実装したクラウドサービスが採用されました。これにより、全国銀行協会様は、実証実験環境のひとつとして、当社の本クラウドサービスを、2017年10月より会員各行などに提供予定です。

 全国銀行協会様は、「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を、ブロックチェーン技術を活用した新たな決済・送金サービスや本人確認・取引時確認などのアプリケーション開発の実証実験環境として会員各行などに提供し、実用化に向けた検討を支援していきます。

 新たな金融商品・サービスの潮流であるFinTechが国内においても急速に進展する中、国際競争力向上の観点から、決済インフラの改革やIT活用による金融イノベーションに向けた取り組みの重要性が示唆されています。

 国内で活動する銀行などで組織される全国銀行協会様は、2016年より「ブロックチェーン技術の活用可能性と課題に関する検討会」の事務局となって、ブロックチェーンに関する取り組みを行ってきました。その一環として、全国銀行協会様は、ブロックチェーン技術を活用した新たな金融サービスなどを開発するための実証実験環境「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を整備し、会員各行などへの提供を2017年10月より予定しています。全国銀行協会様と会員各行は今後、「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の活用を通じて、銀行業界全体でブロックチェーン技術に関する知見を蓄積、共有し、実用化に向けた取り組みを推進していきます。

■当社が提供するクラウドサービスの概要

 The Linux Foundationが運営するHyperledger Project のブロックチェーンフレームワークの一つであるHyperledger Fabric (注1)をブロックチェーン基盤として「K5」上に実装したクラウドサービスを、全国銀行協会様が「ブロックチェーン連携プラットフォーム」として会員各行などに提供します。

 本サービスには、ブロックチェーン基盤に加え、様々な銀行業務に利用できる業務共通API(注2)や、堅牢なセキュリティ機能なども実装されています。そのため、全国銀行協会様の会員各行は、「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を利用することで、新たな金融サービスなどのアプリケーションを効率的に開発し、迅速に実証実験を行うことが可能になります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■商標について

 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

■注釈

 注1 Hyperledger Fabric:

  ブロックチェーンフレームワークであり、The Linux Foundationが運営するHyperledger Projectの一つ。Hyperledgerは、産業間共通のブロックチェーン技術推進のために設立されたオープンソースソフトウェアの共同開発プロジェクトであり、当社もプレミアメンバーとして参画。

 注2 API:

  Application Programming Interfaceの略。あるコンピュータプログラム(ソフトウェア)の機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457290_01.png

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報