2017年11月20日(月)

プレスリリース

企業名|産業
パナソニック電機
企業名|産業
ソニー電機
企業名|産業
東芝テック電機

パナソニック、セブン-イレブン新型POSレジスター向けに「POS接続型マルチ決済端末」を納入

2017/9/14 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月14日

セブン‐イレブン新型POSレジスター向けに

「POS接続型マルチ決済端末」を納入

 

 ◇参考画像は添付の関連資料を参照

 パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、社長:片倉 達夫)では、このたびパナソニック株式会社製の「POS接続型マルチ決済端末(組込型)」を、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古屋 一樹)が10月より導入される新型POSレジスターに採用いただきました。新型POSレジスターは、全国のセブン‐イレブン19,851店(2017年8月末現在)へ順次導入されます。

 近年、セキュリティ対策が不十分なPOSシステムを狙い、攻撃を受けることによる被害が世界規模で発生しています。国内においても不正アクセスによるカード情報の漏えいや不正使用による被害が拡大しています。この現状に対し、セキュリティの高い決済環境に対する関心が高まっております。

 今回の新型POSレジスターは、国際基準PCI PTS(※1)のセキュリティ要件SRED(※2)に対応したパナソニック製のPOS接続型マルチ決済端末を採用いただいたことで、情報漏えいのリスクを極小化し、安全性を高めた点を、大きな特長の1つとされています。

 今回の取り組みは、将来PCI P2PE(※3)認定を見据えたものとなっており、パナソニックとPOS業界最大手の東芝テック株式会社が連携することで実現しました。

 ※1 PCI SSC(国際カードブランド5社が共同で設立した有限責任会社)が定めるPIN(暗証番号)を入力する装置に関するセキュリティ基準。

 ※2 カード会員情報を読み取った直後にそのデータを暗号化して安全に転送するなどのセキュリティ要件。

 ※3 クレジットカード加盟店のカード読取装置で読み取ったカード情報を直ちに暗号化し、送信先の安全な復号環境へ到達するまでカード情報を保護するポイント・ツー・ポイント(二地点間)の暗号化に関するセキュリティ方式

 ◇リリース詳細は添付の関連資料を参照

 *Apple Payは、Apple Inc.の登録商標です。

 *FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。

 *EMVは、EMVco.LLCの登録商標です。

 *その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

以上

 

【一般のお客様お問合せ先】

 パナソニック システムお客様ご相談センター

 電話 0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457280_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457280_02.pdf

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報