プレスリリース

古河電工、世界的なデータ通信量の増加に対応し光ファイバーのグローバル製造能力を拡大

2017/9/13 17:40
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年9月13日

世界的なデータ通信量の増加に対応、光ファイバのグローバル製造能力を拡大

~北米及び欧州を中心に製造能力を増強~

 

 当社は、光ファイバの製造能力を2019年度までに約2倍へ引き上げます。この投資総額は約150百万米ドルであり、光ケーブルも含めて当社のグローバル拠点の製造能力を増強していきます。

■背景

 近年、スマートフォン、クラウドコンピューティング、動画配信、ソーシャルネットワークの普及などにより、通信基幹網及びデータセンタ間での通信トラフィック量は世界的に増加しています。

 こうした中、ハイパースケール・クラウドや末端のデータセンタ間における情報通信ネットワークの拡充が強く求められており、FTTH(注1)化も含めた光ファイバの需要が世界中で拡大しています。今後もIoT化の進展や第5世代移動通信システム(5G)の構築を背景として、光ファイバ需要はグローバル規模でさらに拡大するとみられています。

■内容

 このたび当社は、光ファイバの製造能力を2019年度までを目処として、2016年度比でほぼ倍増する増産投資を決定しました。本増産投資の追加投資総額は約150百万米ドルであり、当社グループの北米及び欧州における製造拠点を中心として光ケーブルを含めた製造能力を増強します。

 既に当社の光ファイバ製造能力は、2016年度までに2014年度比で約1.2倍へ増強しており、2020中期経営計画では、これをさらに2018年度までに約1.2倍増強する計画としていましたが、顧客からの強い要請を受け、追加増強を決定しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 (注1)FTTH;Fiber To The Homeの略。光ファイバを加入者宅に直接引込み、伝送路として用いるアクセス系通信システムおよびそれによる情報通信サービス。

 今後も当社は、長年培った世界最先端の光通信技術で、高速大容量通信の実現に貢献してまいります。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0457115_01.jpg

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 4:00
22日 22:19
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報