プレスリリース

名大と東北大など、宇宙のプラズマから電波が生まれる瞬間の特定に成功

2017/9/14 23:00
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年9月14日

宇宙のプラズマから電波が生まれる瞬間の特定に成功

 

 この度、名古屋大学宇宙地球環境研究所(所長:草野完也)の小路真史特任助教、三好由純准教授、東北大学大学院理学研究科の加藤雄人准教授、東京大学大学院理学系研究科の桂華邦裕助教、笠原 慧准教授、京都大学生存圏研究所の中村紗都子研究員、大村善治教授らの研究グループは、日米の国際共同研究により、NASA の科学衛星「THEMIS 衛星」(注1)の観測データから、周波数 1Hz 程度の電波が、宇宙のプラズマの中から発生する瞬間の観測に成功しました。研究グループは、独自のアイデアにもとづいて新しい解析手法を開発し、数秒程度で発生・消滅する宇宙空間のイオン群の穴の検出に世界で初めて成功しました。この発見により、宇宙に存在するイオン群の中に穴ができることによって、宇宙のプラズマの中で自発的に電波が生みだされていることが実証されました。

 本研究グループが開発した手法は、平成 28 年 12 月に JAXA によって打ち上げられたジオスペース探査衛星「あらせ」(注2)に応用され、宇宙に存在する電子によって作り出される電波の発生過程を明らかにします。また、宇宙に存在する様々な種類の電波が生まれる仕組みを解明するのに活用されていくことが期待されています。

 この研究成果は、平成 29 年 9 月 14 日付(米国東部標準時間(夏時間)10 時)米国地球物理学連合の発行する論文速報誌「ジオフィジカル リサーチ レターズ」電子版に掲載されます。

【発表のポイント】

 1) ジオスペース(注3)のプラズマにおける新しい解析手法の開発

  ジオスペースの電波が生まれてくる瞬間を特定することが可能となります。

 2) ジオスペースの電波の発生場所の特定と発生メカニズムの解明

  ジオスペースの電波の一種である「電磁イオンサイクロトロン波動」(注4)の発生源の特定とジオスペースのプラズマ分布の観測を新しい手法で解析することによって、発生メカニズムの解明に成功しました。

 3) 宇宙環境の理解への貢献

  同様の手法でジオスペース探査衛星「あらせ衛星」の精密な観測データから長年謎とされてきた宇宙電波の一種であるホイッスラー波動・コーラス(注5)の発生原因を解明することが期待されます。

  さらに宇宙のプラズマと電波の相互のつながりを解明することによって、放射線やオーロラが変化する仕組みを明らかにし宇宙天気予報に活用することも期待されます。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0456789_01.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:21
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 12:00
6:02
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報