2019年6月18日(火)

プレスリリース

三菱ケミカル、Air Liquide E&C 社とブタジエン製造プロセスライセンスに関わる協業契約を締結

2017/9/7 14:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年9月7日

Air Liquide E&C 社とのブタジエン製造プロセスライセンスに関わる協業契約締結について

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智 仁、以下「当社」)は、Air Liquide Engineering & Construction (仏 Air Liquide 社の子会社、以下「Air Liquide E&C 社」(*1))との間で、ノルマルブテンからブタジエンを製造するプロセスライセンスに関する協業契約(*2)を締結しましたのでお知らせします。

当社は、水島事業所のデモプラントにて開発、実証を行ったノルマルブテンから酸化脱水素による粗ブタジエン製造プロセス(BTcB)技術を保有しております。今回の協業契約により、今後当社及び Air Liquide E&C 社は、ノルマルブテンを利用してブタジエンを製造することを企図するお客様に対し、当社が保有する BTcB 技術と Air Liquide E&C 社が保有する粗ブタジエンからブタジエンの抽出プロセス技術をパッケージにした技術ライセンスビジネスを展開していきます。

ブタジエンは、現在、その殆どがナフサ分解から得られる C4 留分を抽出する方法によって製造されています。主な用途は自動車タイヤ用途をはじめとした合成ゴム原料などであり、その需要は拡大しております。今後も当社は、需要拡大に応えるべく、本協業を通じて、保有技術のブラッシュアップ、ライセンスビジネスの積極展開を図っていきます。

*1 Air Liquide E&C 社について

Air Liquide E&C 社は、世界的なブタジエン抽出ライセンサーであり 37 基の実績を有するなどその保有する技術の信頼性は高く、エネルギー消費の少ない、高品質なブタジエンを生産するプロセスは高く評価されており、同社の技術は抽出プロセスのベンチマークとなっています。

*2 協業契約合意内容について

 ・ノルマルブテンからブタジエンを製造する一連のプロセスを一括してライセンス。

 ・ビジネス対象エリアとして、欧州、ロシアは、Air Liquide E&C 社が Exclusivity

を保有。

※参考画像は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0456473_01.png

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報