プレスリリース

飯田グループHD、ロシア極東地方で木造戸建住宅販売を開始

2017/9/6 15:20
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年9月6日

ロシア・ウラジオストク市にモデルハウス竣工

ロシア極東地方における木造戸建住宅販売を開始

~日露の政府間プログラムに則り、極東地方における住生活環境の向上に貢献~

 

 飯田グループホールディングス株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役社長 西河洋一、以下飯田 GHD)は、この度、ロシア連邦沿海州ウラジオストク市にモデルハウス2棟を竣工し、ロシア極東地方における木造戸建住宅の販売を開始いたします。

 飯田GHDでは、2017年4月からスタートした第二次中期経営計画において、「海外における戸建住宅事業の展開」を新たな成長戦略の一つとして掲げており、既にロシアをはじめ、米国、インドネシア、フィリピンでの事業化に着手しています。

 ロシア極東地方においては、安価で良質な木造戸建住宅の供給を目指して、住宅建築だけではなく、木材調達・加工から戸建住宅の建築・販売まで一貫した体制の構築を進めており、今回竣工したモデルハウスは、その販売体制構築の部分に位置づけられます。

 今回、タイプの異なる2棟、「エコノミータイプ」と「ミドルタイプ」のモデルハウスを建築しました。「エコノミータイプ」は、海外市場向けに開発した新工法「I・D・S オリジナル 2x4 工法」(特許申請中)を活用。熟練大工がいなくても品質の良い住宅を短納期で建築できることから、建築コストを抑え、低価格での供給が可能です。一方、「ミドルタイプ」は、地域性を考慮しながらも、日本住宅の品質・快適さを最大限に追求しており、ウラジオストクをはじめとしたロシア極東地方においてもジャパンクオリティを実現します。

 また、これら一連の取り組みは、2016年の日露首脳会談にて合意された8項目の協力プランのうち「快適・清潔で住みやすく、活動しやすい都市作り」のパイロット事業の一貫でもあり、日露の政府間プログラムとして進行しています。

 飯田GHDは今回のモデルハウス竣工を端緒とし、ロシア極東地方における住生活環境の向上を図っていくことはもちろん、木材加工工場の稼働などによって同地方の雇用創出にも寄与してまいります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 モデルハウス所在地:

  ロシア連邦沿海州ウラジオストク市 ダルニース建築研究所隣接 モデルハウス用地

  Borodinskaya ul., 12А, Vladivostok, Primorskiy kray

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0456345_03.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0456345_04.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:01
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:05
6:02
中国 6:03
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報