2018年1月22日(月)

プレスリリース

シスラボ、人工知能を搭載した介護ソフト「スマイリオ」を発売

2017/8/31 10:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年8月31日

介護士間で生じる計画書の“ばらつき”を標準化し、介護サービスが向上

国内初、人工知能を搭載した介護ソフト「スマイリオ」新発売

新人でもベテラン介護士レベルのプログラムが作成できる

 

 ソフトウェア開発、ITコンサルティングなどのITサービスを展開する株式会社シスラボ(本社:東京都豊島区、代表取締役:佐藤曠弌=こういち=)は、介護事業所で働く職員が作成する通所介護・介護予防通所介護計画書等を、人工知能による辞書機能を用いて、的確かつ迅速に作成する介護ソフト「スマイリオ」を開発、9月より全国の通所介護事業所を対象に販売いたします。

 「スマイリオ」は、パソコン画面に表示されるガイドに従って単語を選んでいくだけで、助詞や助動詞、句読点まで備わった、より“自然な”文章が出来上がるのが特長。人工知能による辞書機能を搭載した介護文書作成ソフトは業界初となり、新人や外国人でもベテラン介護士レベルの計画書を作ることが可能となります。

 こうして計画書が標準化されることで、これまで介護士間のキャリアの差によって、出来不出来にばらつきがあった介護支援プログラムの内容が、より高いレベルで統一され、施設利用者へのサービス向上、健康増進につながります。同時に、計画書作成にかかる介護士の負担も大幅に軽減されます。

 また、作成された計画書に基づき実施された介護サービスの記録機能には、国保連への伝送請求機能が連動しており、システムを一括導入することで、月末の入力処理が不要となり、介護職員の仕事量をさらに減らすことができます。

 「スマイリオ」の月額使用料は、計画書等の記録機能と請求機能合わせて4万円(税別)、記録機能のみの場合は2万5,000円(税別)となります。販売対象は、デイサービスを行っている全国約3万5,000施設のうち、3分の1にあたる約1万2,000の中規模施設。当社では「スマイリオ」を進化させ続けることで、介護施設の安定経営と介護サービス向上、そして介護職員の労務環境の向上に寄与して参ります。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0455567_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0455567_02.pdf

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報