2019年3月21日(木)

プレスリリース

企業名|産業
大東建託建設・不動産

大東建託、創業時から保有するすべての管理建物設計図書を電子化

2017/8/25 12:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年8月25日

創業時から保有する、すべての設計図書を電子化

経年劣化や災害時の消失リスク低減、保管コスト削減、閲覧対応のスピード化などを促進

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:熊切直美)は、1974年の創業時より保有する管理建物設計図書の電子化プロジェクトを2015年秋より開始し、このたび約1,500万枚の電子化が完了しました。今回の電子化により、紙資料に生じる経年劣化の防止、災害時等の消失リスク低減、保管スペースやコストの削減、図面閲覧対応のスピード化などが実現し、大幅な業務効率化が実現されるものと見込んでいます。今後さらに、この電子化したデータへ、敷地情報、修繕や資材を含む建物情報などを加えビッグデータとして集約し、本社での一括管理のもと、修繕計画の立案や、施工計画の自動作成など、さらなる効率化やサービス向上につなげていく予定です。

■設計図書電子化の主な狙い

○災害時等の消失リスクや紛失リスク低減

○当社保管図面の印刷の手間を省き、保管スペースやコストを削減

○図面閲覧対応のスピード化

当社における設計図書の保管は、全国各支店事務所での保管のほか、外部倉庫に委託し保管しているケース(20支店)などもあり、社内で利用する際、「設計図書を探すのに時間がかかる」「他職種の社員も閲覧できるようにしたい」といった声がありました。そこで、本社一括管理の図面検索システムを構築し、ログインすることで直接データを閲覧できるようにしました。

※参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

■設計図書電子化プロジェクトの概要

本プロジェクトでは、国内の各支店や外部倉庫に分散保管していた約1,500万枚の管理建物の設計図書をベトナムに輸送し、現地の作業所(株式会社CADネットワークサービスのベトナムCADセンター)でスキャン、電子化を行いました。確実に高品位にデータ化するため、事前に現地を訪問し、意匠、構造、設備をはじめ、カラーのチェックやスタッフ教育を実施するなどして、すべての設計図書の電子化を完了しました。また、ベトナムで実施することで、電子化コストの大幅な削減も実現しました。

【電子化プロジェクトスケジュール】

2015年12月 設計図書のベトナム輸送開始

2016年2月 ベトナムにて電子化開始

   10月 図面検索システムにて電子データの開示開始(順次)

2017年7月 ベトナムでの電子化完了

   10月 全件図面検索システム登録完了(予定)

※参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

【電子化プロジェクトフロー】

※参考資料は添付の関連資料を参照

■電子化済みの設計図書はリサイクル

国内とベトナムで発生する、電子化済みの設計図書は、リサイクル紙、ダンボール原紙、トイレットペーパーなどの再生紙として、国内およびベトナムにてリサイクルされます。

※協力企業概要は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454969_05.JPG

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454969_06.JPG

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454969_07.JPG

協力企業概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454969_08.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報