/

東邦大など、「一絨毛膜双胎における双胎間輸血症候群の低侵襲外科治療用胎児鏡の開発」を開始

発表日:2017年8月24日

胎児治療用内視鏡の共同開発を開始

医工連携による医療器具の開発

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(理事長 奥村 次徳)と東邦大学医学部(医学部長 高松 研)は、医工連携による医療器具の開発改良を目的に、共同研究「一絨毛膜双胎における双胎間輸血症候群の低侵襲外科治療用胎児鏡の開発」を開始しました。

1 背景と目的

双子の胎児の胎盤が一つの場合(一絨毛膜性)、一方の胎児から送られた血液が"吻合血管"を通じて他方の胎児に送られることがあります(双胎間輸血症候群)。無治療で放置した場合、流産や早産に至る可能性が高くなります。

東邦大学医療センター大森病院産婦人科 中田雅彦教授は、「胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術」により、子宮内に細い内視鏡(胎児鏡)を挿入し、レーザーを用いて吻合血管を焼灼・凝固する治療法に長年取り組んできました。一方で、現状の胎児鏡は、海外の既製器具を使用しており、本疾患用には充分適合していません。

そのため、術技の安定化や治療成績向上などの改良開発が課題となっています。本研究では、胎児鏡の特性評価および改良を行い、当該治療に適した胎児鏡の開発を目的とします。さらに、改良した胎児鏡の中小企業による国内製品化を目指します。

*参考資料は添付の関連資料を参照

2 今後の予定

今年度:

 東京都立産業技術研究センター:適切な材料選択と改良、改良品の設計・試作

 東邦大学医学部:課題の抽出、胎児鏡および改良品の特性評価

来年度以降:改良品の製品化に向け、企業も含めた共同研究を実施予定

※東京都立産業技術研究センターは、企業や業界団体、大学などが協力し、それぞれが持つ技術とノウハウを融合し、技術開発や製品化に向けた研究を共同で推進しています。

 本研究は平成29年度第1回共同研究テーマとして採択されました。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454880_01.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン