プレスリリース

リクルートHD、ブロックチェーン技術を活用した個人認証プラットフォームを提供するShoCard, Inc.へ出資

2017/8/23 12:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年8月23日

リクルート、ブロックチェーン技術を活用した

個人認証プラットフォームを提供するShoCard, Inc.へ出資

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)は、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、ブロックチェーン技術を活用した個人認証プラットフォームを提供するShoCard, Inc.(ショーカード、本社: 米国クパチーノ、CEO: Armin Ebrahimi)への出資を実施しました。

1.本件の目的

ブロックチェーン技術はさまざまな分野で応用が期待される新しい技術です。今回の出資を通じて、同技術を活用した認証ソリューション事業の拡大にShoCard, Inc.と取り組んでまいります。ShoCard, Inc.は今回の資金調達を通じて、新たな市場の展開を進める予定です。

2. ShoCard, Inc.の概要

ShoCard, Inc.は、ユーザーが一度個人情報を登録すると、それ以降は許可された相手に対して情報の参照権限を柔軟に変更できる認証プラットフォームを提供します。これを活用することで、複数の企業間での横断的な相互認証が可能なため、サービス毎の本人確認作業を省略することができます。また、同社のプラットフォームは、パブリックブロックチェーンを活用することで、高セキュリティ、低構築・運用コストを実現しています。現在、大手航空会社、政府機関、クレジット会社、銀行や他の金融機関で同プラットフォームが利用されており、今後通信、医療、自動車会社にも導入される予定です。

なお、今回の資金調達に合わせて、同社より企業内でのID運用管理を軽減するシングルサインオンの新製品「ShoBadge」(ショーバッジ)が発表されています。(Webサイト:https://shocard.com/shobadge/

※参考画像は添付の関連資料を参照

(1)商号:ShoCard, Inc.

(2)代表者:Armin Ebrahimi

(3)所在地:20863 Stevens Creek Blvd, #540, Cupertino CA 95014

(4)設立:2015年2月

(5)主な事業内容:パブリックブロックチェーンを活用した個人認証・相互信用のプラットフォーム

(6)Webサイト:https://shocard.com

3.合同会社RSPファンド6号の概要

同ファンドは、リクルートグループの新領域事業の創出を視野に入れた、新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘及び事業機会の獲得を目指します。

(1)商号:合同会社RSPファンド6号

(2)代表者:西条 祐介

(3)所在地:東京都中央区銀座8-4-17

(4)設立:2014年11月12日

(5)主な事業内容:投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

リクルートホールディングスではこれからも、働く、学ぶ、住む、結婚、育児、旅、車、趣味や暮らし情報など、さまざまな場面でユーザーが新しい発見・機会創出できるサービスを提供し、一人ひとりにあった「まだ、ここにない、出会い。」を届けることを目指していきます。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454666_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]