プレスリリース

ゼネテック、モニタリングサービス「GC遠隔稼働監視ソリューション」を提供開始

2017/8/22 10:25
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年8月21日

ゼネテック「Surve-i」をベースに「GC遠隔稼働監視ソリューション」提供開始

~電流ON/OFF 信号を取得し機械の稼働状況をクラウドで監視~

株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野憲二、以下「ゼネテック」)は、自社で提供しているIoT プラットフォーム「Surve-i」をベースに、モニタリングサービス「GC遠隔稼働監視ソリューション(以下「本ソリューション」)」の提供を本日より開始致します。

本ソリューションでは、工場内の各工作機器の「電源」、「運転状況(稼働/停止/運転モード)」及びアラート有無などの情報を取得し、ゼネテックが提供しているモニタリングアプリケーション「Surve-i Monitor」上で可視化し、遠隔からの稼働監視を実現します。

工作機器からの情報取得に際しては、株式会社シムトップス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:水野貴司)が提供する「カレントトランス センサーを利用した稼働収集デバイス(MCW-NX8-001)(以下「MCW」)」を使用して取得します。MCW がNC 工作機器などの稼働信号配線より直流又は交流回路のON/OFF 信号を取得し、ゼネテックのクラウドサーバへ随時通知を行ないます。

本ソリューションのベースとなっている「Surve-i」は、IoT に必要なデバイス、ネットワーク、サーバ、アプリケーションまでのシステムを一元的に提供し、エンドツーエンドでサポートすることをコンセプトとしており、また、クラウドサーバとモバイル回線を活用することで、IoT をスモールスタートできる設計を実現しています。今回、本ソリューションのターゲットとしているのは、工作機器などの稼働監視を必要とされている製造業関連のお客様であり、もともとネットワーク機能のない古い工作機械であっても、稼働信号配線にクランプ式の電流センサーを挟むだけでデジタル変換できる「MCW」と「Surve-i」を組み合わせることで、手軽にIoT を活用し、課題解決に繋げることができます。

なお、本ソリューションではオプションとして、オフィスや工場内の電力監視や業務施設の環境管理サービスも提供致します。

本ソリューションの費用構成は初期費用と月額費用となっており、工作機械10 台に導入することを想定した場合、初年度252 万8 千円、2 年目以降54 万円で運用が可能です。(注:価格は目安であり、設置状況等によっては変動する可能性があります。)

ゼネテックは1 年間で100 社での納入を目指し、直販・代理店販売にて展開していく予定です。

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

*記載されている会社名・製品名は各社の登録商標、あるいは商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0454447_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]