/

SBI証券とNEC、売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始

企業:NEC
産業:

発表日:2017年8月8日

~AI(人工知能)が不公正取引を見つける~

SBI証券・NECによる売買審査業務へのAI適用に関する実証実験開始のお知らせ

株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「SBI証券」)は、FinTech技術活用の一環として、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長 兼 CEO:新野隆、以下「NEC」)とAI(人工知能)を売買審査業務に適用する実証実験を開始いたしました。

SBI証券の売買審査業務は、不公正取引の可能性のある注文を、あらかじめ設定した基準によって、システム的に幅広く抽出し、そのデータの中から審査担当者が不公正取引の可能性を判断し、疑いのあるものについては更に詳細な調査を進める2段階のフローとなっております。しかしながら、初期調査のデータが多いため、審査担当者の業務効率が上がらない課題を抱えておりました。

また、近年の売買審査業務は、不公正取引の複雑化等により審査対象が拡大しており、不公正取引の疑いのある注文を正確かつ迅速に判断することが、より重要になっております。

今回の実証実験では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」(※1)の1つであるディープラーニング(深層学習)技術を搭載した「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」(※2)(以下「RAPID機械学習」)を導入します。過去の不公正取引を「RAPID機械学習」に学習させることで、審査担当者による初期調査の大部分を「RAPID機械学習」が判断し、その結果、審査担当者の業務を減らしてより高度な分析が必要な取引に注力することができると期待しております。また、これまではあらかじめ設定した内容に基づき不公正取引を調査しておりましたが、「RAPID機械学習」により、これまで発見が難しかった新たな不公正取引の傾向もつかむことができると考えております。

SBI証券は今後もさまざまな分野への活用が期待できるAIの技術を活かし、業務の効率化、およびお客さまに安心してお取引いただける環境の提供を推進してまいります。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、今後もAIの技術をはじめとする先進ICTを活用した製品・サービスを金融機関に提供することで、証券市場の公平性維持・向上に貢献してまいります。

*参考画像は添付の関連資料を参照

以上

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

◆本件に関するお客様からのお問い合わせ先

日本電気株式会社 第三金融ソリューション事業部

E-Mail:webstaff@fsp.jp.nec.com

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0453561_01.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0453561_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン