/

TPCマーケティングリサーチ、世界の再生医療・細胞医薬品市場について調査結果を発表

企業:テルモ
産業:
企業:京セラ
産業:
産業:
企業:第一三共
企業:ヘリオス

発表日:2017年7月31日

世界の再生医療・細胞医薬品市場について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、世界の再生医療・細胞医薬品市場について調査を実施、その結果を発表した。

■【調査結果】

2016 年度の日本と米国における再生医療・細胞医薬品の市場規模は、1,861 億円となった。

日本市場は 160 億円の規模で、このうち癌免疫細胞療法が 109 億円と最大。

・2016 年度の日本と米国における再生医療・細胞医薬品の市場規模は、合計1,861 億円となった。このうち日本は、前年度比 14.3%増の約 160 億円となっている。

・種類別では、癌免疫細胞療法が構成比68.1%の 109 億円で最大となった。次いで、皮膚が同 17.5%の 28 億円、軟骨が同 4.4%の 7 億円と続いている。

・トップの癌免疫細胞療法は、前年度比9.0%増となった。同市場で現在提供されている癌免疫細胞療法は、すべて自費診療にあたる。高コストが治療の障壁となる場合があるため、臨床試験や先進医療という枠組みで治療を受けることで、治療費が軽減するケースがある。

・皮膚は、同 7.7%増となった。要因としては、J-TEC が販売する自家・表皮シート「ジェイス」および美容整形などに関する再生医療・細胞治療の売上増加が挙げられる。また、美容目的で使用される細胞治療薬は自由診療の対象であるにもかかわらず、ニーズが極めて高い。

・軟骨移植は、前年度並の推移となった。このうち 3 億円は J-TEC の「ジャック」によるもので、同製品は 2013 年 4 月に保険収載され、2016 年度には医療機関での実績数が増加している。

※グラフ資料は添付の関連資料「グラフ資料1」を参照

■米国は、前年度比 6.8%増(ドルベース 18.6%増)の 1,701 億円(15.61 億ドル)。

種類別では、皮膚が 627 億円(5.75 億ドル)で最大の市場を形成している。

・一方の米国は、前年度比 6.8%増(ドルベース 18.6% 増 ) の 1,701 億 円(15.61 億ドル)と推定される。

・種類別では、皮膚が構成比 36.9%の627 億円(5.75 億ドル)でトップとなった。次いで、癌免疫療法製品が同29.7%の 505 億円(4.63 億ドル)、筋骨格が同 15.4%の 262 億円(2.40 億ドル)と続いている。

・トップの皮膚は、前年度比 11.2%増となった。この売上の大半は、他家・細胞医薬品の「Apligraf」「Dermagraft」「EpiFix」が占めている。このうち、「Dermagraft」に関しては、2014 年に Organogenesis が獲得し、同市場における上位 2 品目の「Apligraf」と「Dermagraft」を販売することとなった。

・癌免疫療法は、同 6.8%増となった。2010 年に癌領域初の 351HCT/P 製品である「Provenge」が登場して以降、その他 361HCT/P 製品の普及とともに拡大が続いている。同市場における将来性は高く、2020 年ごろを境に上市品目が増えることで、皮膚領域を抜き急速に拡大するとみられている。

・筋骨格は、前年度並の推移となった。同製品は、骨欠損や軟骨欠損、腱組織の再生などを適応症として幅広い治療法が提供されている。2016 年度は、「Trinity」群を発売する Orthofix の売上が減少推移したものの、全体ではドルベースで 11.0%伸長しており、今後も市場拡大が見込まれる。

・このほか、「Hemacord」をはじめとする臍帯血バンク関連の市場も、構成比 7.7%と大きなシェアを占めている。FDA による 351HCT/P として承認されている品目としては、この造血幹細胞移植に係るものが最も多く、米国での関心度の高さが窺える。

※グラフ資料は添付の関連資料「グラフ資料2」を参照

【調査要覧】

<調査対象企業>

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)、テルモ、JCR ファーマ、テラ、メディネット、Vericel、Dendreon、Organogenesis、Fibrocell Science

セルシードヘリオス大日本住友製薬武田薬品工業第一三共アステラス製薬資生堂京セラ田辺三菱製薬、Athersys、Pluristem、Mesoblast、Caladrius Biosciences

<調査期間>

2017 年 4 月~7 月

<資料名>

「2017 年 世界の再生医療・細胞医薬品市場」

―大手製薬企業の参入により 日本市場では実用化に向け追い風―

http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr310170367

発刊日:2017 年 7 月 31 日 頒価:87,000 円(税抜)

【会社概要】

会社名:TPC マーケティングリサーチ株式会社

所在地:大阪府大阪市西区新町 2-4-2 なにわ筋 SIA ビル

事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版

コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/

オンラインショップ「TPC ビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/

ISO27001 認証書番号:IS598110

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0452781_01.JPG

グラフ資料2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0452781_02.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン