プレスリリース

シード・プランニング、医療分野のVR・AR・MRの市場展望調査結果を発表

2017/7/31 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月31日

医療分野のVR・AR・MRの市場展望

[調査結果のポイント]

国内の医療分野で使われるVR・AR・MRの市場規模は、

2021年に約153億円、2026年には約342億円

医学教育、治療分野が市場を牽引する

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、医療分野で使われるVR・AR・MRの市場調査を行い、このほどその結果をまとめましたのでお知らせいたします。

2016年にSonyからPlayStation VRが、MicrosoftからHoloLensが発売され、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)を体験するための端末の普及が進んできました。

医療関係の様々な現場においてもVR・AR・MR活用の機運は高まっており、製品・サービス活用に向けた取り組みが始まっています。

本調査ではVR・AR・MRの医療分野における活用について、研究者・医療施設・参入企業など幅広いプレイヤーにインタビューを実施しました。インタビュー内容と公開情報調査結果をあわせて国内外の活用製品・サービスを整理し、今後の普及可能性と市場規模を考察しした。

本調査結果は、市場調査レポート「医療におけるVR・AR・MRの活用事例と市場展望」に詳しく掲載しました。

本レポートの詳細とご購入は⇒http://store.seedplanning.co.jp/item/9681.html

調査結果のポイント、調査概要は以下の通りです。

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0452772_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]