2017年11月25日(土)

プレスリリース

企業名|産業
コマニー素材・エネルギー

金沢大とコマニーとLIXIL、「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」を発足

2017/7/27 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月27日

金沢大学、コマニー、LIXILの3者にて

「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」を発足

~誰もが安心して、快適に利用できるオフィストイレを追求します。~

 

 住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉、以下 LIXIL)は、国立大学法人金沢大学、ならびに快適空間・機能空間を創造するパーティションのリーディングカンパニーであるコマニー株式会社(本社:石川県小松市、社長:塚本幹雄、以下コマニー)と共同で、「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」(座長:岩本健良 金沢大学人間社会研究域人間科学系准教授)を発足し、2017 年 8 月より活動を開始します。

 さまざまな調査結果によると、日本でも数%が性的マイノリティだとも言われており、オリンピック憲章や国家公務員の人事規則に基づいて「性的指向や性自認による差別禁止」が進められるなど、性的マイノリティへの差別禁止が社会的にも大きなテーマとなっています。その中でもとりわけトイレについては、性的マイノリティ、特に性自認のあり方によるトイレ使用が近年課題になっています。顔見知りではない不特定多数が利用することの多い施設においては、まだ課題は残るものの男女共用トイレを設けるなどの動きが一部で進みつつあります。しかし、顔見知り同士が使うオフィストイレにおいては、周囲の理解やカミングアウトの有無などにより、単に男女共用トイレを設けるだけでは解決できない問題もあります。

 そこで、今回金沢大学、コマニー、LIXIL の 3 者は、「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」を発足し、8 月より活動を開始します。研究会では、トイレ利用に困難を感じている性的マイノリティの声はもちろん、その他大勢の声も大切にし、研究会メンバー3 者の知見を掛け合わせることで「オールジェンダーに対してあるべきオフィストイレ」の追求を目指します。

■「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」 岩本座長メッセージ:

 オフィストイレは、家族のプライベート空間である自宅のトイレと、見知らぬ人々がだれでも利用している公共施設や駅など公共空間のトイレとの中間にある存在です。

 この研究会発足のきっかけは、今年、コマニーから石川県の性的マイノリティの団体を通じて私にアドバイスを求められたことでした。これまでも特定非営利活動法人虹色ダイバーシティと LIXIL が昨年 4月に発表した「性的マイノリティのトイレ問題に関する web 調査結果」にて、性自認によっては職場でのトイレ利用が困難なことが判明しています。

 今回この問題を深堀りし、両社とともに、本研究会をスタートすることになりました。さまざまな職場での状況や取組みを踏まえ、トイレ空間と利用者の両面から、どのようなジェンダーの人にも安心で快適なトイレが社会に広まることを目指して活動します。

 LIXIL は、車いすユーザーや乳幼児連れ、高齢者、オストメイト、女性、男性などさまざまなユーザーのニーズに応える配慮を検討し、誰もが使いやすいパブリックトイレの提案を行っています。また2020 年を見据え、増加が予想される訪日外国人や、LGBT をはじめとした性的マイノリティの方々の多様なニーズにも対応し、パブリックトイレのさらなる進化を目指した取り組みを継続していきます。

 ※このリリースは、LIXIL のホームページ(URL: http://www.lixil.co.jp/ )でも発表しています。

<参考資料>

 *添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0452483_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報