プレスリリース

郵船ロジスティクス、ミャンマーの「ティラワ・ロジスティクスセンター」を開所

2017/7/14 17:50
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年7月14日

ミャンマー「ティラワ・ロジスティクスセンター」開所式

 

 郵船ロジスティクス株式会社(社長:水島健二)は、7月12日にミャンマー・ティラワ経済特別区(SEZ)内に建設した「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を執り行いました。

 開所式にはティラワSEZ管理委員会・チョチョウィン副委員長、在ミャンマー日本国大使館・樋口建史特命全権大使、MJTD(Myanmar Japan Thilawa Development)社・テインハン会長、三菱商事・井土光夫ミャンマー総代表の他、当社代表取締役社長の水島健二、Yusen Logistics (Myanmar) Co.,Ltd.社長の野嶋保彦、Yusen Logistics (Thilawa) Co.,Ltd.社長の佐伯龍彦らが出席しました。当社代表取締役社長・水島健二はスピーチで「ティラワ・ロジスティクスセンターはミャンマーで提供するコントラクト・ロジスティクスの要となり、近隣諸国をはじめグローバルネットワークにおいて重要な拠点になります。同センターが有する冷凍・冷蔵・定温スペースや、完成車蔵置ヤードでの各種ロジスティクスサービスを通じて、お客さまのニーズを捉え、最適なサービスを高いサービス品質で提供を通して、ミャンマー経済の発展に貢献していきたい。」と述べました。

 当社が新設した物流施設はヤンゴン近郊のティラワSEZ内に位置しており、総敷地面積約30,000m2に約6,300m2の施設を建設しました。物流施設内には冷蔵・冷凍エリアも設け、マイナス20度、プラス5度、プラス15~20度の定温、常温まで合わせて4温度帯の保管が可能です。また、完成車蔵置用のヤードも完備し、車両保管、PDI(*)、通関手続きなど完成車物流サービスも行います。タイとミャンマー間のクロスボーダー輸送においては、ミャンマー側の拠点として活用し、様々な形での保管・配送方法などをご提案します。今後は同施設を活用して、あらゆるニーズに応えるサプライチェーン・ロジスティクスサービスをミャンマーのお客さまに提供していきます。

 (*) PDI: Pre-Delivery Inspectionの略で完成車の納品前点検・補修・部品補給サービス

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

<概要>

 ※添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0451359_01.JPG

概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0451359_02.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 1:30
1:29
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 26日 22:19
26日 16:16
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
26日 21:04
26日 20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報