プレスリリース

日本生命、リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社の出資比率を引き上げ

2017/7/13 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月13日

リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社への

出資比率引上げについて

日本生命保険相互会社(社長:筒井義信、以下「当社」)は、リライアンス・グループ傘下の資産運用会社リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメント社(CEO:サンディープ・シッカ、本社:ムンバイ、以下「RNAM」)に対して、2012年8月に26%を出資し、2015年10月にRNAMの親会社リライアンス・キャピタル社と最大49%までの引上げに合意して以降、段階的に出資比率を高めてまいりました。

本日、発行済株式数の4.43%の追加取得を完了し、出資比率を44.57%から49%に引上げました。

RNAMとはこれまで、人材交流を通じた両社間の相互理解の増進に加え、取締役(非常勤)および駐在員の派遣を通じたコーポレートガバナンスの強化、グループ間での日印両国相互の投資信託商品の供給等、数々の協力関係を構築してまいりました。

今後も両グループ間の取組を強化していくとともに、成長著しいインドを含め、当社のアセットマネジメント事業をグローバルに発展させてまいります。

※会社概要は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

会社概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0451186_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]