2019年7月21日(日)

プレスリリース

データアーティストとIDCフロンティア、AIによる動画コンテンツの自動編集時間を93%短縮

2017/7/11 10:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月11日

データアーティストとIDCフロンティア、AIによる動画コンテンツの自動編集時間を93%短縮

~ディープラーニングを用いた自動生成をGPUサーバーで高速処理~

データアーティスト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本 覚、以下データアーティスト)と株式会社IDCフロンティア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:志立 正嗣、以下 IDCF)は、高度なデータ解析が可能なGPU搭載のクラウドサーバーを用いて、AIによる動画コンテンツの自動編集の高速化を行い、処理時間の93%短縮に成功しました。

昨今のディープラーニング(深層学習)の台頭以降、画像・動画・音声などのデータを学習し、新しいAIサービスを提供している企業が増えています。マーケティング分野では、商品レコメンドやユーザー分析などで人工知能が活用されており、その中でも、コピーや画像・動画などのコンテンツ生成までの自動化は先端領域として研究開発が進んでいます。

データアーティストではディープラーニングを用いたクリエイティブの自動生成をすでに実現していますが、従来のCPUを搭載したサーバーでは動画の自動編集に多くのコンピューティングリソースと時間が必要で、その処理速度とコストが課題となっていました。本取り組みでは、IDCFのディープラーニング向けコンポーネントであるGPUを搭載したクラウドサーバー「IDCFクラウド GPU BOOST タイプ」を用いて高速化の実証実験を行いました。

検証にはデータアーティストの自社ミュージックビデオを用い、ディープラーニングで特定の画家の作風を自動で学習させコンテンツの編集に適用しました。

一般的な動画に対してこれらの処理を適応するには、多大なコンピューティングリソースと時間が伴いますが、ディープラーニング用途に適し、膨大なデータの高速演算処理が可能なIDCFの「NVIDIA(R) Tesla(R) GPU アクセラレータ M40」を搭載したクラウドサーバー1台を用いることで高いパフォーマンスを実現し、CPUのクラウドサーバー20台の場合と比較して33時間32分から2時間26分となる93%の処理時間短縮と、ディープラーニングを用いた処理を安価に行うことが可能となりました。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0450756_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0450756_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。