/

日本テレビとNTTレゾナントなど、TVドラマ連動型 AI会話サービス「AI カホコ」を提供開始

発表日:2017年7月7日

国内初!放送業界初!TV ドラマ連動型 AI 会話サービス

「AI カホコ」提供開始!

~ドラマキャラクターと視聴者との会話を実現~

日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保 好男、以下、日本テレビ)と NTT レゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝見 明久、以下フォアキャスト・コミュニケーションズ)の 3 社は、日本テレビ系列水曜ドラマ「過保護のカホコ」(主演:高畑 充希 7 月 12 日水曜よる 10 時スタート)と連動した、AI(人工知能)会話サービス「AI カホコ」を 7 月 7 日より提供開始します。

ドラマ「過保護のカホコ」では、現代の日本が産んだ"過保護の象徴"である女子大生の「カホコ」が、自分と正反対の人生を送ってきた青年・初(竹内 涼真)と出会い、自分の中に眠っていた本当の力を目覚めさせてゆき、家族の問題を解決しながら家族の危機を乗り越え、成長していきます。今回提供開始する「AI カホコ」は、「過保護のカホコ」の主人公「カホコ」が AI のキャラクターとなり、友人同士のような会話ができるサービスです。「AI カホコ」は、ドラマの中での「カホコ」の成長に合わせて成長し、賢くなります。テレビドラマと連動した AI サービスの提供は放送業界初の試みです。

*参考画像は添付の関連資料を参照

1. 背景

日本テレビは、視聴者の環境変化に合わせた革新的な視聴体験を探求し、VR・AR や AI を使った最新放送技術の開発を進めてきました。また、NTT レゾナントは、2016 年から Q&A サービス「教えて!goo」にて AI が恋愛相談に回答するサービスなど、「goo の AI」技術を活用したサービスの開発・提供に取り組んできました。両社は、2017 年 3 月に、AI とユーザーが、音声やチャットでやりとりする会話中の文脈を学習する技術についての実証実験を行いました。

そして、このたび日本テレビのグループ会社でありインターネット領域を専門に扱うフォアキャスト・コミュニケーションズが加わり、AI との会話に関する実証実験の成果として、2017 年 4 月に「カホコの AI」と会話できるサービスを企画し、本日より提供することとなりました。

*サービス概要などリリース詳細は添付の関連資料を参照

※LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。

※「corevo(R)」は日本電信電話株式会社の登録商標です。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0450540_01.JPG

サービス概要などリリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0450540_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン