2017年12月13日(水)

プレスリリース

三菱ガス化学、ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩の寿命延長効果を確認

2017/7/5 10:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月5日

ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩(PQQ)の寿命延長効果を確認

 

 三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:倉井 敏磨、以下「当社」)は、名古屋大学大学院(理学研究科 森 郁恵研究室)との共同研究により、ピロロキノリンキノン二ナトリウム塩(PQQ)による線虫の寿命延長効果を確認いたしました。

 当社は、長年蓄積してきた培養技術をベースとして、PQQを世界に先駆けて商品化しています。

 本研究では、PQQの投与により、寿命研究のモデル生物である線虫「C.elegans(カエノラブディティス・エレガンス)」の平均寿命を最大30%以上延長することを確認しました。

 このメカニズムとして、PQQがC.elegansの腸や表皮の活性酸素合成酵素を活性化することで、寿命を延長していることを明らかにしました。

 線虫と同様に、ヒト培養細胞を用いた実験系においても、活性酸素合成酵素を活性化することが確認されました。この結果は、PQQがヒトに対しても寿命延長効果を有する可能性を示唆します。

 当社は、本研究をさらに進め、多くの優れた機能を持つPQQの拡販により、生き生きとした高齢化社会に貢献するとともに、今後成長が見込まれる「医・食」分野の事業展開を加速してまいります。

 ※本研究の詳細は、Journal of Cell Science オンラインにて公開されています。

以上

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報