プレスリリース

理研、エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見

2017/7/3 15:25
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年7月3日

エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見

~かんがい農地で農作物の収量増産に期待~

 

■ポイント

 ・作物の成長・収量に被害をもたらす塩害から、植物を守る技術の開発が望まれていた。

 ・エタノールが、植物の耐塩性を強化することを発見した。

 ・安価で入手が容易なエタノールによって植物の耐塩性を強化し、作物の収量増産につながることが期待される。

 JST 戦略的創造研究推進事業の一環として、理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チームの関 原明 チームリーダー、佐古 香織 特別研究員、横浜市立大学 大学院生命ナノシステム科学研究科のフォン・マイ・グエン 大学院生らの研究グループは、エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見しました。

 世界のかんがい農地の約20%で塩害が発生しており、作物の成長や収量に大きな被害をもたらしています。こうした塩害から植物を守る技術の開発が望まれています。

 本研究グループは、モデル植物であるシロイヌナズナとイネを用いて、エタノールが活性酸素の蓄積を抑制することによって耐塩性を強化することを明らかにしました。

 本研究を発展させることによって、耐塩性を強化し作物の収量増産につながることが期待されます。

 本研究は、農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門の土生 芳樹 ユニット長、理化学研究所 環境資源科学研究センター 発現調節研究ユニットのラムーソン・ファン・チャン ユニットリーダーと共同で行ったものです。

 本研究成果は、2017年7月3日午前5時30分(中央ヨーロッパ時間)に植物科学誌「Frontiers in Plant Science」のオンライン速報版で公開されます。

 本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。

 ・戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)

  研究領域:

    「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」

     (研究総括:磯貝 彰 奈良先端科学技術大学院大学 名誉教授)

  研究課題名:「エピゲノム制御ネットワークの理解に基づく環境ストレス適応力強化および有用バイオマス産生」(グラントナンバーJPMJCR13B4)

  研究代表者:関 原明(理化学研究所 環境資源科学研究センター チームリーダー)

  研究期間:平成25年10月~平成31年3月

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449986_01.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報