2019年5月27日(月)

プレスリリース

ミック経済研究所、「ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版」を発刊

2017/7/3 10:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年7月3日

「ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版」を発刊

■ビジネス・アナリティクス総市場は、2016年度前年度比111.5%の2,340億円、2017年度前年度比112.0%の2,622億円と好調に推移。

■2016年度売上高構成比55.3%を占めるアナリティクス・ツール市場が今後も同じレベルのウエイトを維持し続け、総市場をけん引する。2024年度までの年平均成長率は11.6%増。市場規模は2016年度の1,293億円から2024年度の3,120億円へ。

IT/ネット分野専門の市場調査機関として26年の実績のある株式会社ミック経済研究所(本社:東京都港区、社長:有賀 章)は、国内ビジネス・アナリティクス市場動向を分析したマーケティング資料「ビジネス・アナリティクス市場展望 2017年版」を2017年5月に発刊したと発表しました。

同資料は、国内の主要アナリティクス・ベンダ、SI企業等46社を調査し、収録個票の数値を積上げて全体を推計。46社のビジネス・アナリティクス売上合計は2016年度2,080億円となり、総市場2,340億円の88.9%をカバーする。

本調査におけるビジネス・アナリティクス市場とは、BI(ビジネスインテリジェンス)、統計解析、数値解析、テキストマイニング、ソーシャルリスニング、レコメンドエンジン、アクセス解析、画像解析、センサーデータ解析に活用されるソフトウェアもしくはSaaS、それらのインテグレーション(ハードウェアを含む)、分析・解析サービスおよびコンサルティングといった人的サービスを対象とし、事業者売上高ベースにて算出する。

大量のデータを収集、変換、加工し、事業分析や販売分析、それらの可視化を行うBIにおいて、膨大なデータの中から隠れた関係性や規則性を見つけ出すためのマイニング・ソリューション、及び、将来予測に基づく意思決定支援やビジネスの最適化などを行うビジネス・アナリティクス(BA)ソリューションを調査対象とする。

調査期間2017年2月~5月。調査対象年度は2015年度~2017年度の3ヵ年。予測は2024年度まで。

なお、調査ビジネス・アナリティクスのセグメンテーションは下記の10セグメンテーション。

※表資料は添付の関連資料を参照

1.ビジネス・アナリティクス総市場推移予測

【データ需要が高まり2桁成長が続く】

2016年度ビジネス・アナリティクス市場規模は2,340億5,000万円、前年比11.5%増の高成長となっている。

今後も新たなデータ分析基盤としてビジネスでの活用が広がり、2024年度までに市場規模は年平均成長率11.5%増で拡大する結果、5,555億円に達すると予測している。(図表1参照)

継続的な成長の背景には、デジタルトランスフォーメーションに本格的に取り組む企業の増加に伴うデジタルデータ(特に非構造化データ)の急増、データドリブン(データを根拠とした)で新たなビジネスを生み出すためのデータ分析基盤構築の需要増などがある。

2.アナリティクス・ツール市場の動向

2016年度のビジネス・アナリティクス市場において最大のセグメントは、売上高構成比55.3%を占めるアナリティクス・ツール市場である。2024年度には56.2%と今後もこのウエイトを維持し続け、市場をけん引する見込みである。次に大きなセグメントは、システム構築関連サービス市場で、市場全体の39.3%を占めてる。残るデータ分析サービス市場は同5.4%と小さくなっている。(図表2参照)

アナリティクス・ツールの中でも、Hadoop関連製品(アプライアンスおよびSaaS)やETLツール(SaaS)、BIツール(SaaS)など、今後増加が予測される非構造化データや混合型データに対応可能なツールが伸びており今後の成長も期待される。

アナリティクス・ツール市場において市場規模が最も大きいカテゴリーは「BIツール」である。2017年度で売上高構成比25.5%の367億円とアナリティクス・ツール市場の1/4強を占めている。2017年度ではSaaS型のBIツールの伸びがパッケージ型のBIツールを上回る見込みであるが、ウエイトではパッケージ型がSaaS型を上回りBIツール市場をけん引する予想である。(図表3参照)

また、分析やデータ処理の専門家でないエンドユーザー自身がリポート作成やデータ分析を行う「セルフサービスBI(データディスカバリ)」のニーズが引き続き高く、特に現場のユーザーにとっては、情報システム部などへの依存を減らすという点で、「データ準備」と「多様なデータソースへの接続」機能が強化されてきたセルフサービスBIツールの需要の増加が予測される。

なお、同資料「ビジネス・アナリティクス市場展望2017年版」の体裁はA4版642ページのバインダー製本で、価格は205,200円(税込)、CD-ROM版410,400円(税込)となる。

※図表1~3は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449907_01.JPG

図表1~3

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449907_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報