2019年7月24日(水)

プレスリリース

企業名|産業
資生堂素材・エネルギー

資生堂、東京都主催「時差Biz」に参加

2017/6/28 17:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年6月28日

東京都主催「時差Biz」に参加

~朝食提供・サテライトオフィスの導入を開始~

資生堂は、東京都が推進する、通勤ラッシュの緩和を目指す取り組み「時差Biz」に参加します。

具体的には、7月3日(月)から9月29日(金)までの間、朝食提供による朝型勤務の推奨やサテライトオフィスの導入、在宅勤務の推進など、多様な働き方の実現を通じて社員一人ひとりの生産性向上を目指します。

今後は、社員一人ひとりが生産性の向上により得た時間で多様な経験を積むことで、より一層、お客さまにワクワクしていただけるような新しい価値の創造に取り組んでまいります。

■資生堂の「時差Biz」推進について

(1)朝型勤務の推奨(朝食の無料提供)

 ・実施期間:7月3日(月)~9月29日(金)

 ・対象者:午前7時~7時45分までに出社した社員(先着100名)

 ・提供方法:汐留オフィス12階カフェテリアにて、パン・スープ・ドリンクの朝食セットを提供

(2)サテライトオフィスの導入

 ・実施期間:7月3日(月)~9月29日(金)

 ・対象者:グループ会社を含む全社員

 ・運用方法:ザイマックス社が運営する1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)30箇所のサテライトオフィスを利用。得意先への訪問が多い営業担当の移動時間の削減や育児や介護などで時間に制約のある社員の負担軽減などに活用します。

  ▼ザイマックス社 サテライトオフィスについて

  https://mwo.sagarcia.jp/

(3)在宅勤務の推進

 ・2016年1月より導入し、これまでに延べ約1,100名が利用しています。

  (2016年1月~2017年5月末時点)

■時差Bizについて

東京都を中心に、経済団体、企業、鉄道事業者等が連携して通勤ラッシュを緩和し、社会全体の生産性の向上を図る取り組み。7月11日(火)から25日(火)の間、参加企業が一斉に取り組むことによって、参加者にその効果を体感してもらうことを意図しています。

  ▼「時差Biz」の詳細について

  https://jisa-biz.tokyo/about/

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。