プレスリリース

理研など、植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見

2017/6/27 12:15
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年6月27日

植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見

~遺伝子組み換え植物に頼らない干ばつ被害軽減に期待~

 

<ポイント>

 ・遺伝子組み換え技術に頼らず、植物を乾燥・干ばつに対して強化する技術が求められていた。

 ・酢酸が植物の乾燥耐性を強化するメカニズムを発見した。

 ・遺伝子組み換え植物を使わず、酢酸を与えるだけで簡便・安価に乾燥・干ばつに対処できることが期待される。

 JST 戦略的創造研究推進事業において、理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チームの金 鍾明 研究員、関 原明 チームリーダーらは、お酢の主成分である酢酸を与えることで植物が乾燥に強くなるメカニズムを発見しました。 従来、植物を乾燥や干ばつに強くするには、遺伝子組み換え植物の利用が主流でしたが、遺伝子組み換え技術に頼らずに、植物の乾燥耐性を強化する技術の開発が望まれていました。

 本研究グループは、乾燥ストレス応答時の植物体内の代謝変化を調べ、乾燥に応答して酢酸が積極的に作り出されていることを発見しました。また、この酢酸合成開始には植物のエピジェネティック因子が活性化のスイッチとして働いていることも明らかにしました。さらに、酢酸を与えることで、さまざまな植物で乾燥耐性が強化されることや、それが傷害応答に関わる植物ホルモンであるジャスモン酸の合成とシグナル伝達を介していることを明らかにしました。

 遺伝子組み換え植物に頼らず、植物に酢酸を与えるだけで、急激な乾燥や干ばつに対処できる簡便・安価な農業的手法として役立つことが期待されます。

 本研究は、東京大学 大学院理学系研究科生物科学専攻 藤 泰子 助教、農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門の土生 芳樹 ユニット長、東京理科大学 理工学部 松永 幸大 教授らと共同で行ったものです。

 本研究成果は、2017年6月26日16時(英国時間)に英国科学誌 「Nature Plants」のオンライン速報版で公開されます。

 本成果は、以下の事業・研究領域・研究課題によって得られました。

 ■戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)

  ・研究領域:「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」

    研究総括:磯貝 彰(奈良先端科学技術大学院大学 名誉教授)

  ・研究課題名:「エピゲノム制御ネットワークの理解に基づく環境ストレス適応力強化および有用バイオマス産生」(グラントナンバーJPMJCR13B4)

  ・研究代表者:関 原明(理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム チームリーダー)

  ・研究期間:平成25年10月~平成31年3月

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449278_01.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報