/

アウディ、フルアクティブサスペンションなど新型Audi A8の先行情報を発表

発表日:2017年6月23日

新型Audi A8に関する先行情報:フルアクティブサスペンションにより幅広いニーズに対応

・フルアクティブサスペンションで実現する最高水準の乗り心地とハンドリング性能

・48V主電源システムがエレクトロメカニカル サスペンションに電力を供給

・ダイナミック4輪操舵システムにより敏捷性と安定性を両立

・世界初:側面衝突時にボディを持ち上げる機構によりパッシブセーフティを大幅に改善

2017年6月22日、インゴルシュタット:新型Audi A8は、乗員の幅広いニーズに応えるラグジュアリーセダンとなります。アクティブサスペンションを採用した新型Audi A8は、快適性重視のお客様にとって、ショーファードリブンの大型セダンに相応しい、非常にスムーズな乗り心地を提供します。その一方で、運転好きのオーナードライバーはスポーツカーのようなダイナミックなドライビング性能を満喫することができます。この優れた柔軟性は、今回初めて車両の主電源に採用された48ボルトシステムをベースとした、新開発のアクティブサスペンションによって実現されます。新型Audi A8は、7月11日にバルセロナで開催される「アウディサミット」で、ワールドデビューを飾る予定です。

新型Audi A8のために今回新しく開発されたアクティブサスペンションは、完全アクティブ制御の エレクトロメカニカル サスペンションシステムで、個々のホイールを独立制御して、道路の状況に的確に対応します。各ホイールには、48ボルトの主電源システムにより駆動される電気モーターが備わっています。それらのモーターには、複数のギヤ、チタン製トーションバーを内蔵したロータリーチューブ、カップリングロッドを介してサスペンションに1,100Nmの力を加えるレバーなどが組み合わされています。

フロントカメラからのデータをもとに、システムは道路の前方にある凹凸を検知して、事前にアクティブサスペンションを調整します。アウディが開発したプレビュー機能により、クルマがその凹凸に到達する前にアクチュエーターに適切なストローク幅を伝えて、積極的にサスペンションを制御します。 サスペンションが適切なタイミングで事前に対応することにより、事実上完璧に揺れや振動を解消することができます。この複雑なプロセスに要する時間は、わずか千分の数秒に過ぎません。カメラからは路面情報が1秒間に18回も送信されています。エレクトロニック シャシープラットフォーム(ECP)が路面情報を分析処理して、ほぼリアルタイムで、すべてのサスペンションコンポーネントを正確にコントロールします。新型Audi A8用に最適なチューンが施されたエアサスペンションとこの革新的なサスペンションコンセプトの組み合わせにより、まったく新しいドライビング体験が実現しています。新型Audi A8は、非常に優れた乗り心地を提供する一方で、スポーティな走りを好むドライバーの要求にも応えるラグジュアリーセダンに仕上がっています。

アクティブサスペンションの目に見える効果としては、例えば、コーナリング中のロールや、制動および加速時のピッチングが徹底して抑え込まれています。新型Audi A8をスポーティに走らせても、ドライバーは車両を完璧にコントロール下に置くことができ、リヤシートの乗員も仕事を邪魔されることはありません。

また、ダイナミックステアリングと後輪ステアリングを組み合わせた革新的コンセプトであるダイナミック オールホイールステアリング(4輪操舵)により、敏捷性と安定性という、相反する目標も同時に達成しています。ステアリング特性はスポーティかつダイレクトであり、その一方で、高いレベルの操縦安定性も確保されています。ステアリングフィールも、快適性重視からフィードバックを高めた設定まで、幅広い調整が可能です。回転半径はAudi A4の数値よりも小さくなっています。

さらに、アウディプレセンス360°、セーフティシステムとの組み合わせで、新型Audi A8のアクティブサスペンションは、パッシブセーフティもまったく新しいレベルに引き上げました。セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー(zFAS)にネットワークされた多数のセンサーの働きにより、システムは衝突の可能性をいち早く検知します。25km/h以上での側面衝突が避けられないと判断された場合には、サスペンションのアクチュエーターを稼働させて、0.5秒以内に衝撃を受ける側のボディを最大80mm持ち上げます。その結果、サイドシルやフロアの構造体など、車体のより強度の高い部分で衝突の衝撃を受けられるようになります。それにより、ボディを持ち上げない場合と比べて、乗員にかかる衝撃の負荷を最大50%低減させることができます。

*本リリースは、ヨーロッパ仕様に基づくAUDI AG配信資料の翻訳版です。

※参考画像は添付の関連資料を参照

◆お客様問い合わせ

アウディ コミュニケーションセンター

0120-598106

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449062_01.jpg

参考画像(2)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0449062_02.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン