2018年12月17日(月)

プレスリリース

企業名|産業
電通商社・サービス

電通など、動画広告のクリエーティブ改善で米Kaizen Platformと業務提携

2017/6/22 11:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年6月22日

電通と電通デジタル、動画広告のクリエーティブ改善でKaizen Platform社と業務提携

―Facebook動画広告のパフォーマンス向上ソリューション「P動CA」の提供開始―

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と電通100%子会社の株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役CEO:榑谷 典洋)は6月22日付で、ウェブサービスのUI改善を効率的に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform,Inc.(本社:米国カリフォルニア州、日本支店:東京都港区、CEO:須藤 憲司、以下「Kaizen Platform社」)と業務提携し、Facebook動画広告のクリエーティブを改善するソリューション「P動CA」(ピー・ドウ・シー・エー英語名:Quick Video)のサービス提供を開始します。

今回の業務提携により、電通と電通デジタルは、Kaizen Platform社のノウハウと同社が認定する動画広告クリエーターを活用できるようになり、同時に、広告パフォーマンスの最適化と広告効果の透明性を確保することが可能になります。

SNSの中でもユーザーが実名制であるFacebookは、他のメディアに比べより精度の高いターゲティングが実現できるという利点がある一方で、同じ広告クリエーティブが何度も表示されることで、ユーザーに嫌がられるAd Fatigue(広告疲れ)が大きな問題となっています。

また、Facebook向けの動画広告で高いパフォーマンスを実現するには、短期間で多種類の広告クリエーティブを作成するクリエーターと、広告クリエーティブの入稿を省力化したり広告のパフォーマンスをトラッキングしたりするツールが必要となります。

今回提供する「P動CA」はこうした状況に対応するものであり、Facebook動画広告のクリエーティブ制作と運用を簡単・安価・スピーディーに改善し、広告のパフォーマンスを最大化するソリューションとなっています。具体的には、電通デジタルの「アドバンストクリエーティブセンター」(※1)が設定した訴求軸に基づき、Kaizen Platform社の認定クリエーター(※2)に動画広告の制作や改善を依頼すると、短期間でさまざまな広告クリエーティブを制作し、配信する仕組みを構築しています。また、掲載中の各広告のパフォーマンスを速やかに分析し、効果の下がってきた広告クリエーティブをローテーションさせて、パフォーマンスの向上に向けた対応を迅速に行うことができます。

「Kaizen Platform」は、既に日本・米国・欧州・ロシア・韓国・台湾において、ゲーム・通販・人材サービス・金融などさまざまな業種の広告で利用されており、オリジナルのクリエーティブに対して最大255%のコンバージョンレートの改善を実現しています。

※1 電通デジタル「アドバンストクリエーティブセンター」

 URL:http://advancedcreativecenter.com

 データ・AIとクリエーティブの融合を目指し、2017年4月に新設された事業部です。認知度や好意度を向上させるブランドリフト広告から、顧客獲得のためのダイレクトレスポンス広告(バナー/ランディングページ(LP)/オンライン動画/ソーシャル広告)までを統合的に設計・制作し、広告配信の成果に合わせて改善のためのPDCAを行っています。広告の第一線で活躍するクリエーティブディレクター、コピーライター、アートディレクターや、ダイレクトレスポンス広告に関する知見・ノウハウを有するコンサルタントやディレクターなど、計24名のスペシャリストが在籍しています。

※2 認定クリエーター

 動画広告のクリエーティブ品質を管理するため、クリエーターの過去の制作実績を事前に評価し一定の基準をパスしたクリエーターのみが認定されており、ハイレベルな広告クリエーティブの制作が可能になっています。

<「P動CA」ロゴ>

*添付の関連資料を参照

<Kaizen Platform社について>

会社名:

 Kaizen Platform,Inc.

 URL http://kaizenplatform.com/ja/

代表者:須藤 憲司(共同創業者兼CEO)

所在地:

 本社:71 Stevenson Street, Suite 400,San Francisco,CA.94105,US

 日本支店:〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10F

設立:2013年3月

資本金:1809万4000米ドル(2017年3月1日時点)

事業内容:ウェブサービスのUI改善を効率的に実現するプラットフォーム「Kaizen Platform」並びに広告の改善ソリューション「Kaizen Ad」を提供

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「P動CA」ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0448807_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報