プレスリリース

リクルートHD、オンラインで薬局に服薬・健康の相談ができるサービス「すこやくトーク」を開発・提供

2017/6/7 11:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年6月7日

リクルート、オンラインで薬局に服薬・健康の相談ができるサービス

「すこやくトーク」を開発・提供

地域の医療における薬局の役割拡大と個人の日常健康管理に寄与

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)の新規事業開発室は、患者が店頭以外でも気軽に服薬や健康維持に関する疑問・悩みを薬局に相談できるサービス「すこやくトーク」を開発いたしました。すでに一部のエリアで実証実験を行っており、8月をめどに本格導入を開始する予定です。

◆開発の背景

生活習慣病や健康トラブルが増加し、地域全体の医療サポート体制の強化や個人の日常健康管理への支援がより求められているなか、「医療の担い手」の一者である薬局の役割の拡大が期待されています。「かかりつけ薬剤師」のように、病院以外で気軽に相談できる医療専門家の存在がますます重要となっています。

このようなニーズを踏まえて、薬局の店頭調剤以外での患者接点を増やし、個人が日々の体調の変化や症状のレベルに合わせて都度薬剤師に服薬や健康の相談ができ、薬局も処方箋薬のみならず、市販薬、健康食品やサプリメントを含めて服用管理や助言ができるような双方向コミュニケーションの実現を目指し、「すこやくトーク」を開発いたしました。

なお、「すこやくトーク」は、リクルートの新規事業開発プログラム「Recruit Ventures(リクルートベンチャーズ)」を通じて提案されたもので、また、リクルートと長野県塩尻市の包括連携協定によって、事業開発において塩尻市にご協力をいただきました。本サービスの導入を通じて、地域の医療における薬局の役割拡大と個人の日常健康管理に貢献でき、無駄な医療費の削減にもつながります。

◆サービスの概要

「すこやくトーク」は、薬局と患者との服薬や健康に関するコミュニケーションをオンラインでサポートいたします。薬局外で、パソコンやスマートフォン、タブレットを通じて、患者の些細な相談も、薬局からの新しい副作用情報や季節・時期に合わせた健康管理情報提供も、チャット形式で都度可能です。また、他の医療機関や薬局で受け取った薬や、市販薬、健康食品、サプリメントなども写真で手軽に登録でき、薬剤師が服薬状況をまとめて閲覧することで、より適切なアドバイスができます。本格導入に向けて、実証実験を経てさらに本サービスの機能を強化していく予定です。

▼「すこやくトーク」Webサイト:https://sukoyakutalk.jp/

※ロゴ・導入メリットなどリリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0447381_01.JPG

導入メリットなどリリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0447381_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]