/

ブレインズテクノロジーとアラクサラネットワークス、セキュリティ異常/ITシステム障害検知ソリューションを共同検証

発表日:2017年6月5日

ブレインズテクノロジーとアラクサラネットワークスが機械学習を活用した

セキュリティ異常/ITシステム障害検知ソリューションを共同検証

ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 濱中佐和子 以下ブレインズテクノロジー)と、アラクサラネットワークス株式会社(本社:神奈川県川崎市 代表取締役社長 南川育穂 以下アラクサラ)は、機械学習を活用してネットワークトラヒック情報からセキュリティ異常やITシステム異常を検知する監視システムを共同で開発し、セキュリティ異常/ITシステム障害検知ソリューションとして共同検証しました。

ITシステムやネットワークシステムは、企業活動や社会活動を支えるインフラとしてますます重要となっており、その動作の異常や障害は、経済や社会に重大な影響を与えるようになりました。さらに最近ではサイバー攻撃等を初めとする新たな異常の原因も増加しております。このため、システムの異常を検知し、あるいは障害の予兆を捉えて、早期に対応を行うことが求められています。

ブレインズテクノロジーとアラクサラは、それぞれの持つ機械学習の技術とネットワーク技術を連携させることで、次のような異常や障害の検知を行うソリューションの共同検証を行いました。

・セキュリティ異常検知

ITシステムにおける通常のネットワークトラヒック情報を機械学習で解析し、サイバー攻撃あるいはその結果としての通常と異なるネットワークトラヒックの傾向をリアルタイムに検知することで、システムのセキュリティ上の異常を検知します。

・ITシステム障害

ITシステムにおける通常のネットワークトラヒック情報を機械学習で解析し、通常と異なるネットワークトラヒックの傾向をリアルタイムに検知することで、システムのサイレント障害(*1)や障害の予兆を検知します。

具体的には、2社の持つ製品を以下のように連携することで、セキュリティ異常/ITシステム障害を検知するソリューションを実現します。

・ネットワークセンサ(*2)とコレクタ(*3)により、ネットワークトラヒックの各種統計情報を抽出する(アラクサラのAXシリーズスイッチ・ルータ/センサとコレクタで実現)

・抽出されたネットワークトラヒック情報から機械学習による高度な分析機能により、異常を検知・通知する(ブレインズテクノロジーの予測分析プラットフォームImpulse(インパルス)で実現)

なお、2017年6月7日から9日に幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2017のアラクサラブースにおいて、本連携ソリューションのデモを行います。

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

■ 商標名称等に関する表示

本文に記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0447124_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン