/

大京、「ライオンズ札幌中央レガシア」にVRラウンジを開設

発表日:2017年6月1日

「ライオンズ札幌中央レガシア」VR(バーチャルリアリティ)ラウンジオープン

「VR技術を導入した物件案内」で完成前の建物を疑似体験

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口 陽、以下「大京」)は、2017年8月販売開始予定の「ライオンズ札幌中央レガシア(北海道札幌市中央区北二条東2丁目、地上14階建て、総戸数78戸)」の棟内モデルルームオープンに先立ち、VR(バーチャルリアリティ)ラウンジを開設し、6月10日(土)より「VR技術を導入した物件案内」を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

これは、VR技術を通して、お客さまに「エリア環境」や「建物内部(共用部)」を疑似体験していただくことにより、「環境」や「建物」のイメージをできるだけ正確につかんでいただくことを目指しています。

■導入背景

新築マンションの販売においては、これまで物件の近隣に設けるマンションギャラリー(販売事務所)で専有部のイメージや、設備などを確認していただいておりました。今回はさらに、建物完成まで確認することが出来ない季節のエリア環境や、体感することができない共用部分(エントランス等)を立体的に認識していただきたいと考え、「VR技術を導入した物件案内」を開始することとしました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

大京グループでは2016年10月に発表した「大京グループ中期経営計画」において、「ICT活用」を新たな取り組みテーマとして位置付けており、不動産売買仲介業務における「VR内覧サービス」、ビル管理業務における「スマートグラスの活用」などICTの活用を進めてきました。今回の「VR技術を導入した物件案内」もその一環となります。

これにより、お客さまの物件に対する理解を深めると共に、満足度の向上にも努めてまいります。

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0446977_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0446977_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン