2018年11月21日(水)

プレスリリース

企業名|産業
アキレス素材・エネルギー

アキレス、位置検索シューズ「見守りシステムSANフラワー×ヘルシーライフ」を初回限定50セット発売

2017/5/17 17:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年5月17日

認知症患者の徘徊を早期に検出、発見できる

見守りシステム搭載シューズ・初回限定50セット発売開始

加藤電機株式会社と事業ノウハウを活かした協業

アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤 守)は、加藤電機株式会社(本社:愛知県半田市、本部:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 学、以下 加藤電機)との協業により、自宅や介護施設から認知症患者が突然いなくなる徘徊を早期検出し、捜索・発見できる「見守りシステムSANフラワー」(開発:加藤電機)と小型軽量発信機(SANタグ)を内蔵可能な「ヘルシーライフ」(開発:アキレス)とを組み合わせた位置検索シューズ「見守りシステムSANフラワー×ヘルシーライフ」を、6月上旬よりアキレスWEBショップ(http://achilles-webshop.com/)にて個人向けに初回限定発売を開始、今後の動向をみて追加販売を進めていきます。

■『見守りシステム SANフラワー×ヘルシーライフ』

アキレスが開発した介護シューズ「ヘルシーライフ」に、加藤電機が開発した(小型SANタグ:下図[1])を装着します。介護施設、個人宅等にGEOフェンス型中継機(GEOフェンスSANアンテナ:下図[3])を設置、これがSANタグの電波を半径約300m(東京ドーム約6個分)以内で常に検出しており、見守り対象者の見守りエリア(半径約20~300mの数段階に設定が可能)外への離脱を検出すると、介護職員や家族らにメール配信(PC・スマホ等5機器の登録が可能)を行います。見守り側は、専用の小型レーダー(SANレーダー:下図[2])で見守り対象者を捜索して正確な位置(距離、方向)を割り出し、行方不明者の早期捜索・発見を行います。GPSを採用したシステムとの大きな違いは、屋内使用、地下でも地上階でも位置検索が可能。位置検索の誤差は約50cm。更にこの発信機の電池は一回に2時間の充電で、1.5ヶ月連続使用可能。になります。

※商品画像は添付の関連資料を参照

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

◆お問い合わせはお客様相談室まで

https://www.achilles.jp/contact/vcr/

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445297_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0445297_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報