プレスリリース

シード・プランニング、健康経営関連市場の市場動向調査結果を発表

2017/4/28 10:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年4月27日

健康経営関連市場の市場動向

●健康経営関連市場の市場規模

 ・2020年に1兆6,700億円の市場と予測

 ・健康経営のベースとなる法令遵守・リスクマネジメント領域を中心に市場拡大

●健康投資への取り組み方針

 ・産業保健スタッフ等を強化して内製化を推進・・・31%

 ・民間企業等への外部委託を推進・・・28%

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、健康経営関連市場に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

近年、従業員の健康管理を経営課題として捉え、戦略的に対策を図ることで従業員の健康保持増進と生産性向上を目指す経営手法である"健康経営"が注目されています。

2013 年4月、「日本再興戦略」に基づく健康・医療戦略推進本部」のもとに設置された「次世代ヘルスケア産業協議会」においては、企業・個人等の健康投資を促進するための方策を検討する「健康投資ワーキンググループが中心となり、アクションプランに基づいて、健康経営銘柄の選定や健康経営アドバイザー制度、健康経営優良企業認定制度を創設するなど、中小から大手企業までが幅広く従業員の健康管理に取組む支援や風土づくりがスピード感を持って推進されているところです。

一方、企業においても、従業員のワークスタイルの多様化や労働力人口の減少に伴う人材確保への課題、長時間労働の抑制、働き盛りの人材の育児や介護問題、高齢者の雇用延長など、従業員の生産性の確保は経営上の大きな課題であり、持続的且つ収益性を担保した企業経営において、従業員が健康的に生産性高く業務に従事するための施策が、必要不可欠になりつつあります。

この調査では、従業員の健康管理の根幹である産業保健と、従業員に対する企業の戦略的な健康投資を支援する参入事業者動向を踏まえた健康経営関連市場の動向をとりまとめました。

本調査結果の詳細は、現在販売中の調査研究レポート 「健康経営関連市場の動向調査2017」(http://store.seedplanning.co.jp/item/9572.html )に掲載しています。

調査結果のポイントは以下の通りです。

【調査結果のポイント】

■本調査での健康経営関連市場の範囲

本調査では、企業・団体が取組む労働安全衛生法に基づく従業員の健康管理と、保険者(健保組合、協会けんぽ、共済組合)のデータヘルス・保健事業、職場の環境改善や組織の活性化支援、従業員のワークライフバランスに係わるサービスを健康経営関連市場と定義し、以下のように、健康経営関連市場を5つの領域に整理し、合計40分野の市場調査を行った。

対象の5領域は以下の通り。40分野の詳細は後述の「調査対象の40市場」を参照されたい。

(1)健康経営を推進する経営理念・方針策定支援領域

(2)法令遵守・リスクマネジメント領域

(3)従業員の健康保持増進領域

(4)環境改善・組織活性化領域

(5)ワークライフバランス領域

■健康経営関連市場の市場規模

・2020年に1兆6,700億円の市場と予測

・健康経営のベースとなる法令遵守・リスクマネジメント領域を中心に市場拡大

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

※リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443915_01.JPG

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0443915_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]