プレスリリース

GLM、EVスーパーカーとして2019年の量産を目指す「GLM G4」を販売

2017/4/18 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年4月18日

電気自動車(EV)メーカーのGLM

日本初の量産EVスーパーカーの開発加速

想定価格4000万円、世界で1000台の販売目指す

電気自動車(EV)メーカーのGLM(株)(京都府、資本金32.3億円)は、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す「GLM G4」(以下、G4)を、4000万円(想定価格)で販売します。

販売台数は1000台を目指し、同車だけで400億円程度の売り上げを目標に事業を展開します。

2019年の量産化に向けて開発ピッチも上げます。京都の自社研究開発拠点で重要部品の搭載検討を始め、年内には試作車での走行テストを行う予定です。

現在、G4専用のパワートレイン(モーター、バッテリー、車両制御ユニット等)や最先端の電子制御装置等の開発を協力会社と共同で進めており、それらも実用化に向けて開発を加速させます。

当社は「GLM G4」で世界展開を視野に入れています。国内はもとより、欧州や香港、中東、中国での販売を計画しています。

*参考画像は添付の関連資料「参考画像1」を参照

■400kW(540馬力相当)、四輪駆動のスーパーカー

G4は、専用開発の高効率・高出力なモーターを車両前後に2機搭載した、四輪駆動のスーパーカーで、最高出力400kw(540馬力)、最大トルク1000Nmを発揮します。

加えて、道路の表面状態に応じて、2機のモーターがそれぞれタイヤの回転力を調整する制御技術も搭載し、走行時の動力を最大化させます。こうして、発進から時速100kmまでの到達時間(0-100km/h加速)は3.7秒、最高速度は250km/h、航続距離は欧州の標準試験モードであるNEDCで400kmを実現します。

想定価格は4000万円で、国内外で1000台の販売を目指します。

■4人乗り、前後ドアが跳ね上がる美しいデザイン

外観はクーペスタイルながら、4ドアかつ4シーターを実現。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人の乗員がくつろげる快適な空間を確保します。前後ドア4枚が高く跳ね上がる「Abeam Sail door(アビームセイルドア)(※)」を採用した、デザイン性の高い外装です。内装は白を基調に、優美に仕上げます。車両全体で気品さと力強さと優雅さを強く表現します。

車両コンセプトは「RoadYacht(ロードヨット)」(路上を走るヨット)で、現代のラグジュアリーカーの新境地を拓く、新時代の「グランドツアリングカー(GTカー)」として開発を進めます。

力強さを有しながらも、周囲を騒ぎ立てずに、静粛とともに優雅に走る、これまでにない新たな自動車セグメントを世に送ります。

※「アビームセイルドア」のAbeamはヨットが風を受けて、最もスピードが出せる状態を指します。車両コンセプトの「ロードヨット」とスーパーカーの「速度」を象徴する名称として名付けました

*参考画像は添付の関連資料「参考画像2」を参照

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0442790_01.jpg

参考画像2

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0442790_02.jpg

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0442790_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]