/

ナイキジャパン、「ナイキ エア ヴェイパーマックス」を発売

発表日:2017年3月22日

革新的なエアの頂点 - ナイキ エア ヴェイパーマックス

※商品画像は添付の関連資料を参照

1987年に登場した初代ナイキ エアマックスは、大きなビジブルエアのクッショニングを搭載した初めてのシューズでした。1997年、エアマックス 97 ではその技術が進化し、エアユニットがソール全体に搭載されました。その後も進化を続け、今回、約30年の時を経て、エアの可能性を最大限に引き出したナイキ エア ヴェイパーマックスとして大躍進を遂げ、軽量で、安定した持続性を発揮するクッショニングを提供します。

新たな技術の開発によって、ヴェイパーマックス エアユニットを単独でアウトソールとして使用することが可能になり、今回の大きな躍進へとつながりました。これまでは、エアユニットを保護し、耐久性を高めるためにゴムの層でユニットを覆う必要があったのに対し、新しいイノベーションは、エアとその外側の層をヴェイパーマックス エアユニットとして一体化することができるようになりました。従来のものは構造を保つために屈曲性のない部分を設ける必要がありましたが、新しいユニットは柔軟性を維持した形状を保つことができるようになったため、形状を大きく変え、より多くのエアを足裏に直接配置できるようになりました。これらの技術を組み合わせることで、従来のフォームのミッドソールが不要となりました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

フォームの重量と体積を削減したことで、新しいミッドソールは構造を崩すことなく屈曲性と弾力性が向上し、同時に軽量化とコンパクト化も実現しました。また、アッパーをエアユニットの上に直接配置することで、枕のような柔らかい感覚と、より優れた反発力が得られるようになりました。ナイキ エア ヴェイパーマックスは、エアユニットにナイキ フライニットアッパーを組み合わせることで、必要な場所にサポートを提供し、シューズのさらなる軽量化を実現しています。

ナイキ エア ヴェイパーマックスは3月26日からNIKE.COM及び一部の販売店で発売予定です。

○NIKE カスタマーサービス

TEL: 0120.6453.77

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0440089_01.JPG

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0440089_02.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン