プレスリリース

ケアサービス、中国に合弁会社(特定子会社)を設立

2017/3/17 17:35
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年3月17日

中国における合弁会社(特定子会社)の設立に関するお知らせ

 

 当社は、平成29年3月17日開催の取締役会において、中華人民共和国北京市に当社と北京精益順欣養老管理有限公司との共同出資による合弁会社『北京福原順欣健康管理有限公司』を設立することを決議いたしましたのでお知らせいたします。

 なお、当該合弁会社は、出資が完了しますと資本金が当社の資本金の10%以上に相当し、当社の特定子会社に該当することとなりますので、お知らせいたします。

 記

1.合弁会社設立の理由

 当社は、介護先進国である日本で積み上げた介護実績をもとに、成長著しいアジアにて日本式介護の普及を図るべく、既に平成27年8月に中国上海市にて会社を設立し、事業を展開しております。このたび、北京を中心とした広域エリアにて加速度的に事業を推進するために北京精益順欣健康管理有限公司との共同出資により、北京福原順欣健康管理有限公司を設立し、訪問入浴のフランチャイズ本部として介護事業を開始いたします。

 なお、北京福原順欣健康管理有限公司へ共同出資を行う北京精益順欣養老管理有限公司は、北京虎符科技●股有限公司と北京新光創業投資有限公司が共同出資の上、設立した合弁会社です。

 北京虎符科技●股有限公司は、中国の株式市場である新三板市場に登録している中国のIT企業で、中国政府の諸部門をはじめ、金融機関、民間企業や個人にサービスを提供しております。また、北京新光創業投資有限公司は、中国で病院・養老院グループの経営や投資管理などの事業を行っております。北京虎符科技●股有限公司と北京新光創業投資有限公司の両社は、中国で急速に進む高齢化問題へ何か貢献したいとの思いがあり、その解決策が日本式介護の普及でした。

 ケアサービスが積み上げてきた日本での介護実績および上海の介護コンテストで最優秀賞として評価された訪問入浴事業の実績と北京虎符科技●股有限公司および北京新光創業投資有限公司が持つ多方面への強い営業力を掛け合わせ、北京福原順欣健康管理有限公司は、スピードのある事業展開を図ってまいります。

 北京福原順欣健康管理有限公司では、訪問入浴フランチャイズ本部、介護研修の受託、デイサービスを中心に北京エリアでの事業を推進してまいります。

 ※リリース詳細は添付の関連資料を参照

 ◇●の文字は人偏に「分」の文字です

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439885_01.pdf

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 15:29
24日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報