/

立命館大と東北大など、南アフリカ金鉱山の大深度からの地震掘削調査の開始

発表日:2017年3月14日

国際陸上科学掘削計画(ICDP): 南アフリカ金鉱山の大深度からの地震掘削調査の開始

~世界初の地震の震源近傍の掘削調査を目指す~

南アフリカ金鉱山の地下 3 km の坑道などの付近で起きる微小~中規模の 3 つの地震の震源断層を直接調査する科学掘削計画(以下「DSeis ディーサイス計画」、別紙参照)が 3 月下旬から始まる予定です。この計画の筆頭は立命館大学の小笠原宏教授で、国際陸上科学掘削計画(ICDP: International Continental Scientific Drilling Program)(※1)に採択された日本主導のプロジェクトとしては 4例目です。計画参加者は、9 ヶ国 42 名の研究者です。

南アフリカ金鉱山の採掘域は非常に深いため、掘り残された岩盤には大きなひずみが生じ、微小~中規模の地震が頻発します。DSeis 計画の掘削対象の断層は、長さが 100 m~5 km と自然大地震のそれに比べ小さなものです。しかし、これらの地震は、地下深くまで広がる坑道沿いに整備された地震観測網の近くで発生したため、岩盤の破壊がどのように広がったかが詳細に解析されています。

また、余震活動も克明に記録されています。DSeis 計画では、これらの地震の破壊開始点や停止域、余震域を十数カ所掘り抜いて、震源断層とその周辺の応力・物性・ダメージを直接調査します。また、掘削孔内に超高感度地震計を設置して、詳細な余震分布を明らかにします。これらを統合して、アスペリティ(※2)の実体は何か、あるいは、断層面上で余震活動の活発なところと低調なところの違いは何かを、世界で初めて明らかにすることを目指します。

アスペリティが破壊すると強い地震動が生成されるので、自然大地震の災害ハザード評価においても、その実体の理解は極めて重要です。DSeis 計画では、対象とする地震の規模が小さいとはいえ、これまでなかなか手が届かなかったアスペリティ本体を掘り抜いて、その実体を明らかにすることができます。このため、DSeis 計画は、地震災害ハザード評価の高度化にも貢献できると期待されます。

なお、本計画については、3 月 21 日にイイノホール&カンファレンスセンターにて開催されるIODP・ICDP 成果報告会「地球を掘ってみえたこと これまでの成果とこれから目指すもの」でもご紹介します。

※1 国際陸上科学掘削計画(ICDP: International Continental Scientific Drilling Program)

 ドイツ、米国、中国が主導国となり、1996 年(平成 8 年)2 月から始動した多国間科学研究協力プロジェクト。日本は 1998 年より加盟。「気候と生態系」「持続可能な地下資源」「自然災害」の 3 つの科学テーマを掲げ、地球変動の歴史を知り地下の活動的プロセスをとらえるために、各種陸上科学掘削計画を推進している。日本では、海洋研究開発機構が代表機関を、日本地球掘削科学コンソーシアム(※3)の陸上掘削部会が代表窓口を担当している。

※2 アスペリティ

 断層上で、普段は強く固着しているが、地震時に急激な高速すべりを起こして強い地震波を生じる領域。アスペリティの位置や形状、大きさ、そこでのすべり量は、地表のどこに、どのくらいの強さの地震動が生じるのかを予測するうえで重要な要素となる。

※3 日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC: Japan Drilling Earth Science Consortium)

 地球掘削科学の推進や各組織・研究者の連携強化を目的として、国内の大学や研究機関が中心となって 2003 年に設立されたコンソーシアム。IODP をサポートする IODP 部会と、ICDP をはじめとする陸上掘削科学をサポートする陸上掘削部会から構成されている。主な活動は、地球掘削科学に関する科学計画・研究基盤の検討、関係機関への提言、地球掘削科学に関する科学研究などの有機的な連携、研究人材育成、国際プロジェクトへの支援及び協力、情報発信・普及啓発の実施など。

*別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0439420_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン