プレスリリース

東大と筑波大、世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発

2017/3/10 0:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年3月10日

世界で初めて長期埋め込み可能な人工硝子体を開発

■発表のポイント

◆眼球内に注射器で注入でき、速やか(10分以内)にゲル化し人工硝子体として使用可能な、生体適合性のハイドロゲル(注1)を、世界で初めて開発しました。

◆安全に眼球内に置換可能なこととその安全性を、1年以上にわたり確認しました。

◆硝子体(注2)手術の合併症や眼への負担を大幅に軽減し、将来的にはすべての硝子体手術を日帰り手術にする道をひらきます。

■発表概要

東京大学大学院工学系研究科の酒井崇匡准教授(バイオエンジニアリング専攻)と筑波大学医学医療系の岡本史樹講師(眼科学)は、JST課題達成型基礎研究(さきがけ)の一環として行った共同研究により、長期埋め込み可能な人工の硝子体の開発に世界で初めて成功しました。

網膜のさまざまな疾患に対して行われる硝子体手術では、硝子体置換材料が必須です。従来の材料であるガスやシリコンオイルなどは疎水性であるため生体適合性が低く、長期の使用には適さないことから、長期的かつ安全に置換可能な人工硝子体材料の開発が望まれていました。また、眼の透明組織としては、水晶体と角膜は人工物が開発されていましたが,人工硝子体は未だ開発されていませんでした。

本研究グループは、新たな分子設計により、生体内に直接注入可能な、含水率のきわめて高い高分子ゲル材料を作製し、人工硝子体として有用であるという結果を得ました。

今後、網膜疾患を含む眼科系疾患の治療に役立つことが期待されます。将来的には、癒着防止剤、止血剤、再生医療用足場材料等への応用も期待されます。

■発表内容

<研究の背景と経緯>

ハイドロゲルは生体軟組織に似た組成を持っているため、医療材料として注目を集めています。特に、注射により生体内に埋植が可能で、生体内でゲル化するインジェクタブルゲル(注3)はさまざまな医用用途への応用が期待されています。

しかしインジェクタブルゲルは、生体内でゲル化を誘起する反応が周辺組織に刺激を与えることや、生体内において周囲の水を吸い込んで膨らみ、周辺組織を圧迫する等の問題を有しています。眼科領域においては、長期埋植が可能な人工硝子体が求められており、さまざまなハイドロゲルの応用研究がなされてきましたが、上記の理由から成功例はこれまでありませんでした。また、ゲルの膨潤を制御する試み自体これまで、ほとんどなされていませんでした。

※研究の内容などリリース詳細は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

研究の内容などリリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0438419_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]