プレスリリース

企業名|産業
森永乳業食品

森永乳業、米国でヨーグルト事業を開始

2017/3/2 15:40
共有
保存
印刷
その他

発表日:2017年3月2日

米国におけるヨーグルト事業開始に関するお知らせ

 

 森永乳業株式会社(社長:宮原 道夫、本社:東京都港区)は、米国において、ヨーグルト事業を開始いたしますので、お知らせいたします。

 記

1.事業開始の背景と目的

 2015年度の米国のヨーグルトの市場規模は約9,500億円であり、年平均成長率が約5%(出典:ユーロモニター、期間:2010年~2015年)と伸長しております。一方で、一人あたりのヨーグルト消費量は、ヨーロッパ諸国や日本と比較し、少ない状況であることから、米国のヨーグルト市場は今後も拡大すると見込んでおります。

 米国のヨーグルト市場は、フルーツ入りヨーグルトのシェアが最も高くなっておりますが、日本では一般的な、アロエ葉肉入りヨーグルトは販売されておりません。弊社は、国内において、1994年に「森永アロエヨーグルト」を発売し、フルーツヨーグルト市場における新しいカテゴリーを築くとともに、アロエ葉肉入りヨーグルトのパイオニアとして市場を牽引してまいりました。その開発技術、ノウハウを活かし、今後の成長が見込める米国のヨーグルト市場に参入いたします。なお、森永乳業グループが国外でヨーグルトを販売するのは初となります。

 また、米国においては、1985年に子会社である「Morinaga Nutritional Foods, Inc.(以下、MNF社)」を設立し、1986年より、主に長期保存可能な豆腐を販売しております。このたび米国で発売するヨーグルトは、MNF社の販路を活用いたします。森永乳業グループは、「グローバル化の推進」を重要な経営課題としており、このたびの米国でのヨーグルト事業開始も含めて、国際事業の強化を図ってまいります。

2.事業概要

 (1)概要:ヨーグルトの販売

 (2)販売エリア:米国

 (3)販売開始時期:2017年7月~9月(予定)

 (4)販売する商品:アロエ葉肉入りヨーグルト

 (5)製造:現地企業にて委託製造(予定)

 (6)売上高目標:2019年(3年目)約38億円(約34百万USドル)*USドル=113円

3.米国で販売する新商品の概要

 (1)商品名:alove(アラブ)オリジナル/ストロベリー/ブルーベリー

 (2)商品概要:個食タイプのアロエ葉肉入りヨーグルト

 (3)内容量:170g(6オンス)

 (4)想定価格:約115円~170円(1~1.5USドル)(予定)*USドル=113円

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

4.MNF社概要

 (1)商号:Morinaga Nutritional Foods, Inc.(モリナガニュートリショナルフーズ)

 (2)代表者:今西 祐之(ひろゆき)

 (3)本社所在地:米国、カリフォルニア州トーランス市

 (4)設立:1985年

 (5)事業概要:主に、長期保存可能な豆腐の販売

 (6)販売エリア:北米、欧州など

 (7)資本金:約24億円(21,500千USドル、森永乳業100%子会社)

 (8)売上高:2015年度約21億円(18,390千USドル)*USドル=113円

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0438325_01.JPG

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 15:30
11:34
信越 2:00
2:00
東海 18:14
17:55
北陸 2:00
2:00
関西 17:00
12:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
17:16
15:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報