プレスリリース

企業名|産業
富士ソフト商社・サービス
企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

講談社・手塚プロ・NTTドコモなど5社、「鉄腕アトム」を目指し「ATOMプロジェクト」を開始

2017/2/22 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年2月22日

アトムがわが家にやってくる!

-2017年2月22日(火曜)、「ATOMプロジェクト」始動! 講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ富士ソフト、VAIOは「日本初の本格的キャラクターロボット・ATOM」の開発プロジェクトをスタートします-

*参考画像は添付の関連資料を参照

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間 省伸)と、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役:松谷 孝征)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘)、富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役社長執行役員:坂下 智保)、VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市、代表取締役:大田 義実)の5社は、来るべきAI時代に対応するため、日本の科学技術の象徴であり、長く人々から愛され夢を与え続けてきた"日本を代表するロボット・キャラクター"「鉄腕アトム」を目指し、「ATOMプロジェクト」を開始いたします。コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、発話し二足歩行しクラウドで成長する「日本初の進化する本格的なキャラクター型コミュニケーション・ロボット」で、世界的に有名なコミック&アニメ、手塚治虫の『鉄腕アトム』をモデルにしています。「ATOMプロジェクト」は、各社の強みを生かし鉄腕アトムの世界観をベースに、ロボットという新しいエンターテイメント・デバイスの可能性を開拓し、発話コンテンツの研究・開発をあわせて進め、"一家に一台"の進化する家庭用ロボットの普及を目指してまいります。

日本初の本格的キャラクターロボットに5社の強みを結集して「ATOMプロジェクト」を始動。まず、今年4月パートワークとして発売します

プロジェクト第一弾となる『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』では、手塚プロダクション監修により、鉄腕アトムを元にモデリングを行ったロボット=ATOMをユーザーが組み上げるパートワークを今年4月4日より、発売いたします。ロボティクスおよび、ロボットに搭載するOSとAIを富士ソフトが設計開発。ハードウェアの信頼性でも、これまでにない高いレベルを目指しています。そしてATOM本体のAIはインターネット経由でNTTドコモの自然対話プラットフォームと接続。クラウド上での「成長する会話力」をNTTドコモと講談社の共同開発で実現します。VAIO株式会社は、ATOM本体で使用している電気系統のメインボードなどの基板実装(製造)や「ATOM組み立て代行サービス」を担当。会話のもとになるシナリオモデルの作成、出版コンテンツの開発、全体の企画、プロデュース、販売は講談社が担当し、5社それぞれの強みを生かしてキャラクターロボット「ATOM」を作りあげ、まずパートワークとして創刊。「ATOM」を組み立て、完成させるユーザーやその家族のために、コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、2018年9月、完成・誕生いたします。

■キャラクター性、自然対話、エンターテインメント。

~全体企画・プロデュースで大切にしたATOMプロジェクト、3つのキーワード

講談社の1世紀以上に及ぶ歴史のなかで生まれた雑誌や書籍、コミックなどの出版物は、常に、読者に焦点を定めてつくられてきました。IoT(※1) を始めとするAIT(※2) が注目を浴びる現在も、またこれからも、私たちはこれまでのスタンスを大切に考えます。そこで、ATOMプロジェクトでは「キャラクター性」「自然対話」「エンターテインメント」を3つのキーワードとして設定しました。親しみやすく、おもしろい。おもしろくて、ためになる。これからも変わらぬ目標のもと、新たな可能性を探って参ります。

■「手塚治虫生誕90周年記念企画」として位置づけ。

ATOMの外観=モデリングは手塚プロダクションの監修で完成

この企画は、「手塚治虫生誕90周年記念企画」として発売されます。鉄腕アトムの生みの親、手塚治虫先生のキャラクターデザインを再現するため、ATOMのモデリングでは手塚プロダクションが全面協力。「鉄腕アトム」のDNA がロボット「ATOM」のモデリングに生きています。微妙な三次元曲面を再現するため、手作りの粘土塑像からCADデータを起こし、可愛らしい表情を生み出しました。

■成長する会話力を実現

~富士ソフトのフロントエンドAIと、NTTドコモのクラウドAI

ATOM 本体の設計開発にあたった富士ソフトの「フロントエンドAI」は、8年に及ぶ高齢者施設などでの実績あるコミュニケーション・ロボット「PALRO(パルロ)」(※3) の技術です。今回、「ATOM」はそのソフトウエアを共有。顔認識で家族や友達12人までを認識し、リアルタイムで人の表情に反応し、親和性の高い濃密なコミュニケーションを実現します。ATOM本体がわからない言葉だと分析した場合は、音声認識でテキスト化された後クラウドへ移行し、累計17億件以上の情報処理を行っているNTTドコモの「しゃべってコンシェル(R)」(※4) の基盤技術を生かした「自然対話プラットフォーム」での対応を行います。これら一連の流れが、「ATOM」と付き合えば付き合うほど変化し、成長する会話力。この実現を目指して、各社の強みを結集します。

■ATOMの心臓であり、頭脳でもあるメインボードはVAIOが製造

そんなATOMに使用している電気系統のメインボードなどの基板実装(製造)を担当したのは、VAIO(※5) です。プロジェクト第一弾となる『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』では、ロボット製造で実績のある同社の安曇野工場で、組み立ての苦手な方のための「ATOM 組み立て代行サービス」(全70号一括のみ)(※6) も担当します。

■ハードウェアとソフトウェア、両面でプロジェクトを展開予定

パートワーク版ATOMからスタートする「ATOMプロジェクト」は、講談社を中心に、新たなロボット端末からBot AIなどの新たなアプリケーションソフトウェアまで、ハードウェアとソフトウェア両面で展開を進めて参ります。今後の「ATOMプロジェクト」の展開にご期待ください。

※1 IoT Internet of Things

※2 AIT Advanced Information Technology

※3 PALROは、富士ソフト株式会社の商標または登録商標です。

※4 しゃべってコンシェルは、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

※5 "VAIO"、VAIO(◇)の登録商標:http://vaio.com/products/trademark/

◇ロゴは添付の関連資料を参照

※6 受付窓口は「講談社ONLINE STORE」フリーダイヤル0120-221-322 https://kodanshaonlinestore.jp/questionnaire/adaiko まで。

●ATOMプロジェクトに関する各社役割など

*参考資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0437366_01.jpg

ロゴ

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0437366_02.jpg

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0437366_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]