プレスリリース

bitFlyer、三井住友銀行グループ・みずほフィナンシャルグループ・第一生命保険への第三者割当増資を実施

2017/2/14 14:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年2月14日

国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業bitFlyer

三井住友銀行グループ、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険への

第三者割当増資を実施

~財務基盤を強化し、より信頼性の高い仮想通貨・ブロックチェーン企業へ~

国内最大(*1)の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三、以下「当社」)は、三井住友銀行グループ(*2)、みずほフィナンシャルグループ(*3)、第一生命保険株式会社を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施したことをお知らせいたします。当社は、調達した資金によって財務基盤をより強化し、引受先を含む企業との業務提携などを通じて、仮想通貨およびブロックチェーン領域での取り組みを加速してまいります。

ブロックチェーン領域において、当社は昨年行われた三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループを含む3メガバンクの実証実験に技術を提供し、この技術に基づくオリジナルブロックチェーン「miyabi」を発表いたしました。今後はより多くの産業において、ブロックチェーンを使った基幹システムの設計等を行い、経営理念「ブロックチェーンで世界を簡単に。」の実現を目指してまいります。

ビットコインをはじめとする仮想通貨領域では、2017年6月までに日本国内で改正資金決済法の施行が予定されており、さらなる仮想通貨の普及が期待されています。当社はこれまで国内の仮想通貨市場における最重要課題として顧客保護、セキュリティ、財務安定性等の体制整備に取り組んでまいりました。当社は2017年を「仮想通貨元年。」と位置付け、引き続きお客様に安心して仮想通貨をお取引いただける環境を整えることで、さらなる市場の成長に貢献してまいりたいと考えております。

当社は仮想通貨取引所として国内では資本金が最も大きく、世界では2番目(*4)の企業です。また、2017年1月の取引量は3,200億円超、お客様数は40万人超(*5)であり、現時点において取引量が世界で最も多い仮想通貨取引所(*6)です。

当社は強固な財務基盤をもとに、仮想通貨およびブロックチェーン領域での取り組みをより加速させ、新しいサービスの普及を通して人々の生活への貢献を目指してまいります。

*1当社はビットコイン月間取引量・お客様数・資本金において国内最大となりました

 (2017年1月末時点。当社調べ)。

*2 SMBCベンチャーキャピタル株式会社が運営するSMBC事業開発2号投資事業有限責任組合

*3 みずほキャピタル株式会社が運営するみずほFinTech投資事業有限責任組合

*4 2017年2月13日時点。当社調べ。出所:CoinDesk

*5 2017年2月13日時点。

*6 2017年2月13日時点。当社調べ。出所:Coinhills

【当社について】

当社は、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルート、電通デジタルホールディングス、SBIインベストメント、GMO VenturePartners、QUICK、ベンチャーラボインベストメントなどから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業です。FinTechの領域において仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発を通じたイノベーションを目指し、ビットコイン販売所・取引所、ビットコイン決済サービス、ビットコイン広告サービスなどを提供するビットコイン総合プラットフォームbitFlyerの運営、およびブロックチェーンの調査・分析、ブロックチェーンを活用した新サービスの研究開発を行っています。

当社紹介動画:https://youtu.be/9FZn5XwQKLY

当社オリジナルブロックチェーンmiyabi紹介動画:https://youtu.be/SxHZI08yhZ0

当社コーポレートサイト:https://bitflyer.jp/

当社株主(一部)

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

当社株主(一部)

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436405_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]