2019年1月22日(火)

プレスリリース

企業名|産業
NTTデータ情報・通信
企業名|産業
NTT情報・通信

NTTデータなど、「触覚を使った屋内ナビゲーション」に関する実証実験を開始

2017/2/13 11:36
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年2月13日

「触覚を使った屋内ナビゲーション」に関する実証実験を開始

株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)、NTTデータイタリア、日本電信電話株式会社(以下、NTT)は触覚刺激による牽引感覚生成技術と、NTTデータイタリアがパートナーシップを持つGiPStech(ジップステック)社(注1)の地磁気(注2)を用いたインドアマップ・ナビゲーション技術を組み合わせた「触覚を使った屋内ナビゲーション」に関する実証実験を開始します。

2017年2月16日開催のNTT R&Dフォーラムにおけるデモ展示を皮切りに、2017年春にイタリア国内の製造業のお客さまと実証実験を行う予定となっており、本検証を通じて「触覚を使った屋内ナビゲーション」の有効性や改善点等、性能の向上や新たな商用サービスの提供について検討していく予定です。

■背景

近年、モバイル環境における位置情報の活用ニーズの高まりを受け、屋外のみならず、GPS信号が届かない商業施設など屋内においても位置情報サービスの提供ニーズが高まっており、Wi-Fi、Beacon、地磁気などさまざまな技術が検討されています。一方で、従来のナビゲーションでは、地図表示の画面を見ながらの案内となることがユーザビリティー上の課題となり、利用シーンが限定されていました。

今回、NTTデータ、NTTデータイタリア、NTTの3社は、NTTデータイタリアとパートナーシップ契約を締結している、GiPStech社の地磁気を用いた屋内測位・ナビ技術とNTTが開発した触覚刺激による牽引感覚生成技術「ぶるなび(R)」を組み合わせることで、安価で直感的な触覚屋内ナビゲーション技術を実現しました。

■触覚を使った屋内ナビゲーションの概要および特長

触覚を使った屋内ナビゲーションは、屋内測位・ナビ技術と触覚刺激による牽引感覚生成技術が使われています。具体的には、地磁気を用いたナビゲーション専用のアプリケーションを入れたスマートフォンから、牽引感覚生成技術「ぶるなび」が搭載されたスマートフォンケースに進行方向をBluetooth経由で指示することにより、地図に頼らず直感的な誘導ができるソリューションです。これにより、暗闇・煙霧などでの安全ルートのナビゲーションや商業施設でのバリアフリーな購買誘導などが可能となります。

※図1は添付の関連資料を参照

※特長などリリース詳細は添付の関連資料を参照

・「ぶるなび」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。

・その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436209_01.JPG

特長などリリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0436209_03.pdf

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報