2019年2月17日(日)

プレスリリース

サントリー健康科学研究所、EPA・DHA摂取による中高年者のうつ傾向リスクの低下を確認

2017/1/27 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年1月27日

EPA・DHA摂取による中高年者のうつ傾向リスクの低下を確認

―2017年日本疫学会で発表―

サントリー健康科学研究所(所長:柴田浩志、京都府相楽郡精華町)は、国立長寿医療研究センター・NILS-LSA活用研究室(室長:大塚礼、愛知県大府市)の疫学データの解析により、エイコサペンタエン酸(以下EPA)・ドコサヘキサエン酸(以下DHA)摂取によるうつ傾向リスクの低下を確認し、2017年日本疫学会(2017年1月25日~27日、山梨県)にて発表しました。

今回の発表演題と発表者は以下の通りです。

▼発表演題

「地域在住中高年者のEPA・DHA摂取と抑うつリスク低下との関連」

▼発表者

サントリーウエルネス株式会社 健康科学研究所

 堀川千賀 櫓木智裕 河島洋 柴田浩志

国立長寿医療研究センター・NILS-LSA活用研究室

 大塚礼 室長、加藤友紀 客員研究員、西田裕紀子 研究員、丹下智香子 研究員、富田真紀子 研究員、安藤富士子 客員研究員、下方浩史 客員研究員

【研究の背景】

精神疾患の患者数は近年大幅に増加(※1)しており、なかでもうつ病は世界的な社会問題です。特に社会の中核層である中高年者のうつ病罹患は社会的影響が大きく、高齢化の進む先進諸国では、早急に解決すべき課題となっています。厚生労働省では、2013年からうつ病を含む精神疾患を「5大疾病」の1つとして指定しています。

これまで、魚介類に多く含まれるEPA・DHAが神経細胞の保護や膜流動性の改善作用(※2)を介して、抗うつ作用を示す可能性が示唆されてきました。しかし、うつ病患者への有効性についての報告がほとんどであり、うつ傾向のない国内の中高年者における予防効果は明らかではありませんでした。

サントリー健康科学研究所では長年「脳の脂質栄養と加齢」について研究しています。今回我々は、EPA・DHA摂取による抑うつリスク低下の可能性を考え、「国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究」(以下、NILS-LSA)(※3)のデータをもとに縦断的な解析(※4)により検討しました。

※1 厚生労働省「みんなのメンタルヘルス総合サイト」

※2 Sinclair AJ et al, Asia Pac J Clin Nutr. 2007;16 Suppl 1:391-7. に論文掲載

※3 老化に関する専門的研究機関で実施された日本を代表する長期縦断の疫学研究。医学・心理・運動・身体組成・栄養などの老化・老年病に関わる広い分野にわたる様々な専門家が協力し、同じ人を長期にわたって繰り返し調査することにより、詳細なデータの収集および解析が行われている。対象者は、愛知県の大府市・東浦町の地域住民より無作為に選出された40歳以上の中高年者で、総参加者数3,983名である。1997年から開始され現在も追跡調査が実施されている。

※4 同一の対象者を一定期間継続的に追跡し、複数の時点で測定を行って経時的変化を検討する疫学研究の解析手法の一つ。横断的な解析手法に比べ因果関係の解明に有効とされる。

*リリース詳細は添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0434757_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報