2018年4月27日(金)

プレスリリース

エア・ウォーターなど、北海道河東郡鹿追町に家畜バイオマス由来の水素製造供給施設「しかおい水素ファーム」を設置

2017/1/24 15:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年1月24日

「しかおい水素ファーム(R)」開所式を挙行

北海道十勝地区におけるバイオマス由来水素を活用した 水素サプライチェーンの実証事業を開始

家畜ふん尿由来の水素を地区内で利用することで低炭素を目指し、

災害に強い分散型エネルギーの地産地消型モデルを構築します。

 

 エア・ウォーター株式会社(代表取締役会長・CEO 豊田昌洋)、鹿島建設株式会社(代表取締役社長 押味至一)、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社(代表取締役社長 浅井 武)、日本エアープロダクツ株式会社(代表取締役社長 ウィルバー・モック)は共同で、本日、北海道河東郡鹿追町に家畜バイオマス由来の水素製造供給施設「しかおい水素ファーム(R)」を設置し開所式を執り行いました。

 本施設の稼働により鹿追町ならびに帯広市において、家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業を開始します。本実証事業は、環境省が推進する「地域連携・低炭素水素技術実証事業」において採択されたもので、実証事業期間は2015年度から2019年度の最大5年間です。

1.「しかおい水素ファーム(R)」開所式について

 2017年1月24日(火)午前、現地において実証事業の水素製造供給施設「しかおい水素ファーム(R)」の開所式を執り行いました。開所式には、来賓として吉田弘志鹿追町長、北海道庁他のご臨席を賜り、事業主である環境省、実証事業者とともに神事並びにテープカットを執り行いました。

2.実証事業のアウトライン

 本実証事業では、家畜ふん尿のメタン発酵施設である鹿追町環境保全センターからバイオガスの供給を受け、センター敷地内に水素の製造・供給施設である「しかおい水素ファーム(R)」を設置し、水素ガスを製造します。製造した水素は、純水素型燃料電池用のエネルギーとして環境保全センター内で利用されるほか、貯蓄用カードルで畜産農家や近隣施設に水素を運搬し、電気と温水を供給します。また、環境保全センター内に北海道初となる定置型水素ステーションを設置し、燃料電池自動車、燃料電池フォークリフトの燃料として利用されます。

 本実証事業を通じて、地域の再生可能エネルギーや未利用エネルギーを活用し、水素を精製、製造、貯蔵、輸送、供給、利用するという一貫した水素エネルギーのサプライチェーンを実証します。そして、地球温暖化対策に資する低炭素水素を寒冷地において本格利用するための課題を明らかにするとともに、地産地消の水素エネルギー社会の実現に向けて積極的に展開していきます。

 *イメージ図は添付の関連資料を参照

3.実証事業の概要

(1)事業概要

 事業名称:

  家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業

  (環境省 地域連携・低炭素水素技術実証事業)

 事業者:

  代表事業者 エア・ウォーター株式会社

  共同事業者

   鹿島建設株式会社

   日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社

   日本エアープロダクツ株式会社

 事業期間:平成27年度~平成31年度(最大5年間)

 事業地域:北海道河東郡鹿追町及び帯広市

 備考:本事業は環境省からの委託事業により実施するものであるため、事業の内容については変更される可能性があります。

(2)「しかおい水素ファーム(R)」の概要

 所在地:北海道河東郡鹿追町鹿追北4線5 鹿追町環境保全センター内

 運営者:エア・ウォーター株式会社

 設備概要:水素製造設備 能力:約70Nm3/h

 水素出荷設備:圧力:19.6MPaカードル充填

 水素ステーション:圧力:70MPa(燃料電池自動車用)/35MPa(燃料電池フォークリフト用)

<会社概要>

 ※詳しくは下記資料をご参照ください。

  『エア・ウォーター株式会社をはじめとする4社について』

 *会社概要は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ図

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0434254_01.JPG

会社概要

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0434254_02.pdf

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報