プレスリリース

明治、高カカオチョコレートの継続摂取による脳の若返り効果の可能性を確認

2017/1/18 16:50
共有
印刷
その他

発表日:2017年1月18日

内閣府ImPACT山川プログラムと明治による共同研究

日本初の試み!高カカオチョコレートの継続摂取による

脳の若返り効果の可能性に道筋

~開かれた科学を通じたチョコレートによる脳の健康効果解明へ~

1月18日にメディアセミナー実施

 

 株式会社明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)山川プログラム(※1)とともに“チョコレートによる脳の健康効果解明への取り組み”について「オープンサイエンス中間報告会」(会場:日本橋三井ホール)を実施しました。

 高カカオチョコレート(カカオ分70%以上のチョコレート)による脳の健康効果に関する実証トライアルの結果、高カカオチョコレートの摂取が大脳皮質の量を増加させ、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認しました。

【内容】

 ■演題名

 内閣府ImPACT山川プログラム

 「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」オープンサイエンス中間報告

 ~株式会社明治との共同研究:開かれた科学を通じたチョコレートによる脳の健康効果解明へ~

 ■概要

 45~68歳の成人男女30人(男性15人、女性15人)に、高カカオチョコレート(カカオ分70%以上のチョコレート)を4週間摂取いただき、その前後の脳の健康度を「大脳皮質の量」「神経線維の質」という2つの観点から評価するというもので、高カカオチョコレートの新たな可能性を見出すための新たな試みといえます。

 そしてこの度、同実証トライアルの結果、高カカオチョコレートに大脳皮質の量を増やし、学習機能を高める(脳の若返り)可能性があることを確認しました。

 ■結果

 高カカオチョコレート摂取前後での介入効果の検定としてGM-BHQ(Gray Matter-BHQ・大脳皮質の量)を測定したところ、摂取前に比べて、摂取後の方が有意にGM-BHQの値が増加しました。高カカオチョコレート摂取前の平均値が94.7ポイントでしたが、4週間摂取後には95.8ポイントに増加しました。(平均で1.1ポイントの増加。)

 なお、GM-BHQの値は、平均が100になるように設定していて、大脳皮質の量を意味し、この値が増加することで、新しいことが学べる能力が高まる可能性が期待されます。また、過去の研究から認知症によって大脳皮質の量が減少することなどもいくつか報告されていることから、今後これらの関係も調べることができると考えられます。

 *リリース詳細は添付の関連資料を参照

 

 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

リリース詳細

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0433707_01.pdf

共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 21:45
2:00
東京 21:40
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 21:35
21:30
北陸 21:30
21:30
関西 18:28
18:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
21:34
21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報