プレスリリース

帝国データバンク、2016年の全国企業倒産集計を発表

2017/1/13 16:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2017年1月13日

全国企業倒産集計

2016年報

2016年(平成28年)1月1日~12月31日

倒産件数は8164件、7年連続の前年比減少

負債総額は1兆9916億8300万円、2年ぶりの前年比減少

倒産件数 8164件

前年比  ▲4.1%

2015年  8517件

負債総額 1兆9916億8300万円

前年比  ▲1.0%

2015年  2兆108億800万円

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

<主要ポイント>

■倒産件数は8164件(前年8517件、前年比4.1%減)と、7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)に次ぐ低水準となった。四半期ベースでみると、第3四半期は2018件(前年同期1999件)と微増したものの、それ以外の四半期では前年同期を下回った

■負債総額は1兆9916億8300万円と、前年を1.0%下回り、2年ぶりの前年比減少となった

■件数、負債総額ともに2000年以降2番目の低水準

■業種別に見ると、7業種中6業種で前年を下回った。なかでも運輸・通信業(282件、前年比18.3%減)、製造業(1053件、同12.3%減)の2業種は前年比2ケタの大幅減少

■「チャイナリスク関連倒産」は120件(前年80件)判明し、前年比50.0%の大幅増加

■地域別に見ると、9地域中7地域で前年を下回った。このうち、関東は7年連続、近畿は6年連続、中国は5年連続、北海道と九州は4年連続で、それぞれ前年を下回った

■態様別に見ると、破産は7638件(前年7985件)と前年比4.3%の減少となり、2年連続で8000件を下回った。会社更生法(1件)と民事再生法(246件)は、ともに前年と同水準となった一方、特別清算は279件(前年285件)と、前年を2.1%下回った

■上場企業の倒産は発生しなかった

■負債トップは、パナソニックプラズマディスプレイ(株)(特別清算、11月)の5000億円

※調査結果などは添付の関連資料「オリジナルリリース」を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0433243_01.pdf

オリジナルリリース

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0433243_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]