2018年12月16日(日)

プレスリリース

企業名|産業
東洋紡素材・エネルギー
企業名|産業
ユニオンツール機械

東洋紡とユニオンツール、居眠り運転検知システムを共同開発

2017/1/11 12:15
共有
印刷
その他

発表日:2017年1月11日

東洋紡ユニオンツール、居眠り運転検知システムを共同開発

フィルム状導電素材「COCOMI(R)」を使用

東洋紡(株)(本社:大阪府大阪市、社長:楢原誠慈)とユニオンツール(株)(本社:東京都品川区、社長:大平 博)は、東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI(R)」を使った居眠り運転検知システムを共同で開発しました。2017年中の販売に向け、現在、実証実験を行っています。

1.これまでの経緯

2011 年より、東洋紡とユニオンツールは共同で眠気を検知するアルゴリズムを開発してきました。このアルゴリズムでは、心拍周期(※)が特定のパターンを示した時に眠気が生じていると判断しています。ユニオンツールはこのアルゴリズムを用いて、居眠り運転検知システム「安全運行補助ツール 眠気通知器 DSD」を 2015 年より販売してきました。

この居眠り運転検知システムは、心拍周期を検出するために、ベルトで締めるタイプ(ベルト型)やジェルで体に貼り付けるタイプ(ジェル型)の電極を使っていました。しかし、ベルト型には締め付け感があり、ジェル型ではベタつき感があるなど、装着感に課題がありました。

※心拍周期:心臓が収縮するときに生じる電気信号(R波)の間隔

2.今回開発したシステムの特長

今回開発したシステムは、心拍周期の検出に東洋紡のフィルム状導電素材「COCOMI(R)」を使用した肌着を用いています。「COCOMI(R)」は薄く伸縮性があり、自然な着心地のウエアラブルデバイスを実現できるため、従来システムと比較して、装着時の着心地を改善しました。また、眠気検出の精度は従来と変わりません。

現在、販売に向けて中日臨海バス(株)で実証実験を行っています。

*参考画像は添付の関連資料を参照

3.今後の予定

本システムについて「第 3 回 ウェアラブル EXPO」にて展示を行います。

・会期: 1 月 18 日~20 日

・場所: 東京ビッグサイト (東京都江東区)

     東洋紡ブース(W22-14)

     ユニオンツールブース(W21-54)

この居眠り運転検知システムは 2017 年中の販売開始を予定しています。

*参考資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0432916_01.JPG

参考資料

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0432916_02.pdf

共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報