2019年9月18日(水)

サッカー

17日のJ1 結果と戦評

2019/8/17 22:09
保存
共有
印刷
その他

【鳥栖3-2湘南】鳥栖が点の取り合いを制した。2-2の試合終了間際に、右クロスから最後は金井が押し込んで勝ち越した。クエンカに2点を先取された湘南は前半43分に松田、後半12分に古林が決めて追いついたが、最後に守備で踏ん張れなかった。

湘南―鳥栖 試合終了間際、決勝ゴールを決める鳥栖・金井。左は湘南・GK秋元(17日、BMWスタジアム)=共同

湘南―鳥栖 試合終了間際、決勝ゴールを決める鳥栖・金井。左は湘南・GK秋元(17日、BMWスタジアム)=共同

【仙台2-2川崎】仙台は0-1から長沢の2点で逆転したが、終盤粘れずに追いつかれて勝利を逃した。長沢は後半9分に平岡の浮き球パスを決め、19分には金のパスを左足で合わせた。川崎は1-2の34分に長谷川が頭で流し込んで勝ち点を拾った。

【C大阪2-1横浜M】C大阪が奥埜の2得点で競り勝った。前半12分に左からのパスに左足を合わせて先制。1-1の後半31分はソウザのFKに飛び込み、右足で押し込んだ。横浜Mは攻め込む時間は長かったが、崩しの局面で工夫を欠いて連係も拙かった。

【広島1-0F東京】広島は後半16分、左サイドから柏が川辺とのワンツーパスで抜け出し、右足で決めて先制。GK大迫ら守備陣は隙を見せず、これが決勝点となった。FC東京は受け身の展開が続き、途中出場した三田ら攻撃陣も精彩を欠いた。

FC東京―広島 後半、シュートを放つ広島・柏(17日、味スタ)=共同

FC東京―広島 後半、シュートを放つ広島・柏(17日、味スタ)=共同

【神戸3-0浦和】神戸が快勝した。前半終了間際に速攻から古橋が先制。後半14分に丁寧な崩しから山口が決め、同41分にイニエスタがPKで駄目を押した。守備も安定して無失点。浦和は攻撃がやや単調で連動性を欠き、好機も少なかった。

【鹿島1-0大分】鹿島が競り勝った。前半からコンパクトな守備を崩さず好機をうかがう。後半26分、小池のロングボールを右サイドで受けた相馬が、自ら持ち込んで左足で決めた。大分は後方でのパス回しが続き、効果的な攻めが少なかった。

大分―鹿島 後半、鹿島・相馬(左)がゴールを決める(17日、昭和電ドーム)=共同

大分―鹿島 後半、鹿島・相馬(左)がゴールを決める(17日、昭和電ドーム)=共同

【札幌8-0清水】札幌が大量8ゴールで圧勝した。前半10分、GKがパンチした球を拾ったチャナティップが右足で先制。同24分にジェイが頭で加点した。後半もスペースを突いて6点を奪い、ジェイはハットトリック。清水は動きが悪く失点を重ねた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 上海上港と引き分けて準決勝進出を決め、喜ぶ浦和・槙野=共同

 左からクロスを送った関根がフリーなら、合わせた興梠もフリーだった。「自分の持ち味。視野から消え、逆に動く」と興梠。あれだけ余裕とスペースを与えられて好機を逃すほど、浦和の面々はやぼではない。
【浦和、 …続き (17日 23:24)

浦和―上海上港 前半、ヘディングで先制ゴールを決める浦和・興梠=中央(17日、埼玉スタジアム)=共同

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、埼玉スタジアムで準々決勝第2戦が行われ、2大会ぶり3度目の優勝を目指す浦和が準決勝進出を決めた。上海上港(中国)と1―1で引き分けて2戦合計 …続き (17日 21:47)

 サッカーJ1の松本山雅FCを運営する松本山雅(長野県松本市)は、観戦で松本地域を訪れる相手チームサポーターを対象に地域農業の魅力に触れるツアーを開催する。FC東京戦に合わせた28~29日の1泊2日コ …続き (17日 18:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。